業務スーパーのオートミール リトアニア産・チェコ産を比較 価格やレシピもご紹介

チェコ産オートミールとリトアニア産オートミールの写真食品

海外では定番の朝食として人気のあるオートミールですが、日本でもダイエットに効果的だったり、栄養価に優れた食べ物として、じわじわ人気が広がっているようです。

そんなオートミールですが、私もここ数年ずっと好んで食べています。
アメリカで代表的なクエーカーのオートミールをはじめ、様々なオートミールを購入してきましたが、最近は業務スーパーのものを購入しています。

理由は、まずすごく安い
そして、私の場合は近所に店舗があるので入手しやすいということも。
一時期、近所のどのスーパーでも売り切れだった時がありましたが、業務スーパーだけ在庫があったということがありました。

業務スーパーのオートミールってどうなの?と気になっている方もいらっしゃるかと思います。
今回は、その業務スーパーで購入したオートミールをご紹介させて頂きますね。

また、オートミールのふやけた感じが苦手な方のために、ふやかさないで食べるレシピも記載しています。

スポンサーリンク

業務スーパーで販売されているオートミール

業務スーパーでは、時期によって販売されている商品が変わることがあります。

自宅の近隣に2店舗の業務スーパーがありますが、今回2種類のオートミールの取り扱いがありました。
過去にはこの2種類とまた別のオートミールを購入したこともありますが、それぞれ容量も原産国も違っているようです。

業務スーパーで今回購入したオートミール2商品をそれぞれご紹介したいと思います。

チェコ産 Emco OAT FLAKES(オートフレーク)BIG LEAVES

チェコ産オートミールのパッケージ表
チェコ産オートミールのパッケージ裏
チェコ産オートミールのパッケージ箱と内袋

価格:170円(税込)※2020年8月現在
内容量:500g
原産国:チェコ
原材料:えん麦

いかにも外国産というような、おしゃれな箱に入っています。
商品は中の透明の内袋に入っていて、二重にパッケージされています。

BIG LEAVESとありますが、他に黄色のパッケージのSMALL LEAVESもあるようで、こちらは砕かれていない、大きめのオートミール。

BIGとは言っても、オートミールの中では比較的小さめかなという印象です。
クエーカーのオートミールなどは、本当に大きいですしね。

ですので、オートミール初心者の方でも食べやすいと思います。


リトアニア産 Oats Porridge オートミール

リトアニア産オートミールのパッケージ表
リトアニア産オートミールのパッケージ裏

価格:159円(税込)※2020年8月現在
内容量:500g
原産国:リトアニア
原材料:えん麦

こちらは、箱ではなくビニールパッケージの商品です。

特に記載はありませんが、見たところ砕かれたオートミールのようで、1粒が小さめです

粒が小さいので食べやすく、こちらもオートミール初心者の方におすすめできそうです。


業務スーパーのオートミール チェコ産とリトアニア産の比較

2商品のオートミールの比較写真

左がチェコ産、右がリトアニア産のもの。
どちらも比較的小さめの粒です。

上記でも述べましたが、チェコ産は砕かれていないもの、リトアニア産は砕かれている商品のようです。

チェコ産は砕かれてはいないものの、運搬途中で割れてしまったのか、割れて粉状になっているものがかなり多く見られます。
リトアニア産は砕かれていても、1粒1粒はしっかりとした形状を保っており、粉状になっているものはあまり見られません。

味はどちらもクセがなく、しっかり噛むと甘味もあります

どちらも薄く伸ばされていますが、リトアニア産に比べ、チェコ産の砕かれていないものは、少し繊維が口の中に残りやすく、生っぽい感じがしました(サイズの問題かもしれませんが)。

リトアニア産は砕いてあるので、お粥やオーバーナイトオーツ(前日の夜に牛乳などを入れて、ひと晩寝かせた後、ふやかして食べるもの)にされる方など、柔らかく調理して食べるときはすぐに柔らかくなり、便利そう。
個人的にはクエーカーのようなごつごつした、しっかりと食べ応えがあるものが好きなので、ちょっと物足りない感じもします。

栄養成分は、原材料が同じえん麦なので変わらないと思いましたが、比べてみると、意外に差がある成分もありました。

エネルギー、たんぱく質などはどちらも似たような数値ですが、脂質や炭水化物の糖質食塩相当量がリトアニア産のほうが高くなっています。

栄養を摂る目的ならどちらでもよさそうですが、ダイエット中の場合はチェコ産のほうが脂質も糖質も少ないので、良さそうですね。


スポンサーリンク

オートミールを使った簡単レシピ

オートミールはいろんな食べ方で食べることができます。

お粥やオーバーナイトオーツのように、水分でふやかして食べるのが一般的のようです。

しかし、ふやかして柔らかくなったものを食べるのが苦手という方も多いと思います。

そこで、今回はふやかさずに食感を残したまま食べるレシピをご案内します。
オートミールが苦手だという方も、一度試してみていただければと思います。


くるみとオートミールのクッキー

オートミールを利用して焼きあがったクッキーの画像

ヘルシーな食材を使ったクッキー。
噛み応えもあり、ダイエット中のおやつにピッタリです。

【材料】(5cm×14枚分)

オートミール 100g
ココナッツシュガー(砂糖)30g
薄力粉 大さじ4
水 大さじ4
油 大さじ3
レーズンやナッツなどお好みのもの(今回はレーズン30gと、小さく砕いたクルミ40gを加えてます)

【作り方】

材料を上から順に加え、その都度全部まぜます。
オーブンを180度に予熱します。
天板にクッキングシートを敷いてを落とし、1cmぐらいの厚みになるようスプーンなどで広げながら、等間隔で置いていきます。
予熱の終わったオーブンで20分焼きます。

鉄板に生地を落とし、焼く前の状態の写真
焼く前の状態


【ポイント】

油は、米油やココナッツオイル、ややクセはありますがオリーブオイルなどがおすすめ。

今回使用した砂糖は、GI値が低いココナッツシュガーです。
GI値が低い食品の場合、血糖値の急激な上昇を抑えるので太りにくいというメリットが。
そのため出来ればココナッツシュガーを利用するほうが良いですが、準備できない場合は、砂糖に変えてもらっても大丈夫です。

クルミもGI値の低い食品です。


グラノーラと混ぜてヨーグルトに

グラノーラ、オートミールを乗せたヨーグルトの写真

ヨーグルトの上に、グラノーラと混ぜてトッピングします。

グラノーラは美味しいですが、グラノーラ単体ですと、甘すぎて太りやすくなりますよね。
オートミールと混ぜることで適度な甘さになり、カロリーを摂りすぎることなく、栄養価アップや便秘解消の効果を期待できます。

朝食におすすめです!


【ポイント】

グラノーラはフルーツ入りのものがおすすめ。

オートミールと1:1程度で混ぜると甘すぎず健康的ですが、甘いほうが好きな方はグラノーラの量で調整してください。

ヨーグルトにチアシードを入れて、さらに健康効果をアップさせてもいいですね。


 チアシードついてはこちらで詳しく紹介してます

チアシードは効果ない?効果を実感できる食べ方と驚きの栄養
スーパーフードとして海外のセレブが愛用していることで有名になった『チアシード』。最近は日本でもダイエットや美容に効果があるとして取り入れている方も多いかと思います。しかし流行に乗って食べてみたけれど、「何がいいの?」「全然効果を感じられな...
スポンサーリンク

最後に

今回は、業務スーパーで販売されているオートミールについて、ご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

業務スーパーのオートミールは安いですし、原材料もえん麦だけで余計な添加物も入ってないのでおすすめです(オーガニックをうたっている商品ではありません)。

お近くに業務スーパーがある方は、ぜひ一度チェックしてみてください。



業務スーパー カナダ産オートミールの記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました