※当サイトは記事内に広告を含みます

クロッフルはカルディやコストコ・業務スーパーでも買える?

クロッフルはカルディやコストコ・業務スーパーでも買える? グルメ
スポンサーリンク

クロワッサンのサクサクと、ワッフルのモチモチのいいとこどりの韓国発祥スイーツ「クロッフル」

SNSやテレビなどでも目にする機会が増え、1度食べてみたいと輸入食品販売店などに足を運ぶ方も増えているようですが、2023年2月現在カルディ・コストコ・業務スーパーいずれも「クロッフル」の取り扱いはありません

ただし、カルディでは時期によっては取り扱いもあるようです。

この記事ではカルディのクロッフル販売情報や、その他身近なクロッフルの販売店情報をご紹介します。

またカルディや業務スーパーで購入できるクロワッサンで、クロッフルを作ることもできるので購入できるクロワッサンや作り方もご紹介します。

スポンサーリンク

カルディのクロッフル

カルディコーヒーファームのクロッフルはこちら。

このカルディのクロッフルは、2021年7月に新発売され、その後しばらくして販売終了。

2022年の3月頃よりまた販売を開始し、2023年2月現在は取り扱いのない商品となっています。

販売時期にはオンラインショップでも取り扱われ、すぐに完売するほどの人気商品でした。

そのような人気商品だったにもかかわらず、現在販売されていないところを見ると季節限定や期間限定で販売されていた商品だったのかもしれません。

このクロッフルの価格は税込み228円で、カロリーは250kcal。

クロッフル人気は現在も続いており、このTwitterのようにニーズもある商品なので、また2023年春あたりに再販される可能性もありそうです。


スポンサーリンク

クロッフルのスーパーやコンビニでの取り扱いは?

クロッフルの画像

いろいろと探してみましたが、2023年2月現在スーパーやコンビニでの取り扱いはありませんでした。

コンビニなどでは、流行りのスイーツが商品化されることも多いので、今後も人気が継続するようだと商品化される可能性もありますね。


スポンサーリンク

クロッフルはネット通販でも購入可能

チョコレートがけのクロッフル

クロッフルを店舗で販売していたり、店内で提供しているお店もありますが、もし身近に販売店がない場合、インターネット通販でお取り寄せすることもできます。

ふるさと納税の返礼品として提供している自治体もあるので、もし自宅でクロッフルを手軽に食べてみたいという方は以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

クロッフルお取り寄せの記事はこちら
↓ ↓


スポンサーリンク

カルディや業務スーパーのクロワッサンでクロッフル

カルディ、コストコ、業務スーパーでクロッフルそのものの取り扱いがない場合でも、販売されているクロワッサン生地を購入することで簡単にクロッフルを作ることができます。

カルディで販売されているクロワッサン

カルディでは以下の冷凍クロワッサン生地を販売しています。

カルディで販売されている冷凍クロワッサン生地「オスカーモンド クロワッサン」

【 オスカーモンド クロワッサン 】

内容量:275g(5個)
税込価格:570円

ヨーロッパ産の発酵バター100%使用のクロワッサン生地を使用したクロッフルを作ることができますよ。


業務スーパー

業務スーパーでも冷凍のクロワッサン生地を販売しています。

業務スーパーで販売されている冷凍クロワッサン生地「フレンチミニクロワッサン生地」
業務スーパーで販売されている冷凍クロワッサン生地「フレンチミニクロワッサン生地」

【 フレンチミニクロワッサン生地 】

内容量:240g(10個前後)
税込価格:429円(価格変動あり)

ミニサイズのクロワッサンが10個入っていて、1個当たり43円程度とお得です!


コストコ

【 クロワッサン 】

内容量:12個
税込価格:899円(価格変動あり)


コストコで常温販売されている12個入りのクロワッサンを使用して、クロッフルを作っている方も多いよう。

コストコでは店舗によって、またタイミングによって、冷凍クロワッサンの生地を取り扱っている場合もあるようです。


市販のクロワッサンで作るクロッフルの作り方

電気ワッフルメーカーでクロッフルを焼いている写真

作り方は、市販されているクロワッサン生地やクロワッサンをワッフルメーカーで焼くだけ!

ワッフルメーカーは直火のものだと1,000円~、電気製のものだと2,000円~ぐらいで販売されています。

作り方① 冷凍クロワッサン生地を使用する場合

冷凍クロワッサン生地

① 均一に熱を通すために、冷凍クロワッサン生地を少しやわらかくなる程度まで常温に置き、解凍する(20〜30分程度)。

② 事前に温めたワッフルメーカーに生地を乗せてフタをする。

③ 電気タイプのワッフルメーカーの場合そのままこんがり焼き色がつくまで5分程焼く。
ガスなどで加熱するタイプのワッフルメーカーの場合は、中火から中弱火で上下返しながら5~7分程焼く。

クロワッサンにバターが多く含まれているので、ワッフルメーカーにバターなどの油は不要。
使用する機器によって火加減が異なるので、途中確認しながら焦がさないように焼いてください。


そのままでも美味しく食べれますし、アイスクリームやチョコレートソース、生クリームなどでのトッピングもおすすめ!

冷凍クロワッサン生地はカルディなどの輸入食品店以外にも、スーパーなどで手に入ることもあります。

インターネット通販で購入することもできますよ。


作り方② 焼いてあるクロワッサンを使用する場合

焼かれたクロワッサンの写真

焼かれた状態で販売されているクロワッサンを使用してクロッフルを作ることもできます。

ただし、冷凍生地を使用する場合に比べてややパサついた仕上がりに。

可能であれば冷凍クロワッサン生地を使用したほうが、より本格的なクロッフルに近づきますよ

① 事前に温めたワッフルメーカーにクロワッサンを乗せてフタをする。

③ 電気タイプのワッフルメーカーの場合、フタを閉めたまま2分程焼く。
ガスなどで加熱するタイプのワッフルメーカーの場合は、弱火~中弱火で上下返しながら1~2分程焼く。

いずれのクロッフルも加熱終了後、少し粗熱が取れたくらいが一番サクサクで美味しく食べれます。

まとめ

この記事ではカルディ・コストコ・業務スーパーでのクロッフル販売情報や、その他の身近なクロッフルの販売店情報、自分で作る場合の作り方などをご紹介しました。

まとめると

  •  カルディ・コストコ・業務スーパーでは2023年2月現在クロッフルは販売されていない
  •  カルディでは過去に販売されており、2023年も再販される可能性も
  •  冷凍クロワッサン生地がカルディ・業務スーパーなどで販売されており、ワッフルメーカーで焼くことで美味しいクロッフルを作れる
  •  事前に焼かれたクロワッサンでも、多少食感は変わるもののクロッフルを作ることができる

クロッフルは数年前から人気のスイーツですが、以前人気のあるスイーツなので今後新商品が作られ、量販店などで販売される可能性もありますね。

もしワッフルメーカーをお持ちの方がいらっしゃれば、自宅で手軽に作れるので、試して味わってみてください。

クロッフルが食べれる東京や大阪の店舗もご紹介!
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました