楽天モバイル0円(無料)廃止で乗り換え先のおすすめはどこ?

楽天モバイル0円(無料)廃止で乗り換え先のおすすめはどこ?話題・トレンド
スポンサーリンク

楽天モバイルは今まで「1GBまで無料」としていた料金プランを、2022年7月1日から変更すると発表しました。

新料金プランは、最安で1078円(税込)となり、3GBまで利用できます。

このニュースを受け、今まで0円で利用していたユーザーからは「乗り換えようかな」との声も。

そこでこの記事では楽天モバイルから乗り換える場合の、格安プランがある格安スマホ事業者を4つご紹介します。

乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

料金プランはどう変わる?

楽天モバイルのスマートフォン

料金は以下のように変わると発表されています。

現プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金体系

  1GB以下   0円 
  1GB~3GB以下   1,078円 
  3GB~20GB以下   2,178円 
  20GB~ 3,278円 
すべて税込み


現プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金体系イメージ





新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の料金体系

  1GB~3GB以下   1,078円 
  3GB~20GB以下   2,178円 
  20GB~ 3,278円 
すべて税込み


新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の料金体系イメージ


変更になるのは「1GBまでプラン料金無料」という料金区分が廃止という部分。

他の料金区分に変更はありません。

この新料金は2022年7月1日から適用されますが、既存ユーザーについては、月額データ利用量が1GB以下の場合、月額料金が実質無料になるキャンペーンを10月末まで展開する予定

とはいえ、「0円だから利用していた」、「どうせ料金がかかるなら、もっと安定した回線のものに乗り換えたい」という声も多く聞かれます。

楽天モバイルユーザーが他社に乗り換えたいという場合に、おすすめの乗り換え先を以下で4つご紹介します。

スポンサーリンク

楽天モバイル0円(無料)廃止で乗り換え先のおすすめはどこ?

楽天モバイルと似た価格帯で利用できる格安スマホ事業者のおすすめは以下の4つです。

OCNモバイル

OCNモバイルイメージ画像

日本通信はドコモの通信を利用したMVNOです。

価格は500MB/月コースが一番安く、500MBまで550円(税込)で利用可能。

【OCNモバイルのメリット】

・ドコモ回線を使っているため、利用可能エリアが広い

・楽天モバイルの最低利用料金の1078円(税込)よりかなり安い550円(税込)から利用可能。

・月に最大10分相当の無料通話がついている

【OCNモバイルのデメリット】

・楽天Linkのような無料通話アプリはなく、長時間の無料通話には別途料金が必要

・最低価格の500MB/月コースは、500MBまでしか料金内で利用できず、それ以上の利用には追加料金が必要



LINEMO(ラインモ)

LINEMO(ラインモ)イメージ画像

LINEMO(ラインモ)はソフトバンクが提供するブランドです。

価格はミニプランが一番安く、3GBまで990円(税込)で利用可能。

ミニプラン基本料半年間実質無料キャンペーン開催中!

現在、LINEMOの「ミニプラン」を新しい番号で契約、または他社から乗り換えでの契約で、PayPayポイント990円相当を最大6カ月間毎月プレゼントというキャンペーン開催中です!


【LINEMOのメリット】

・ソフトバンクの自社回線を使っているので、楽天モバイルと比べて通信速度が安定して速い

・楽天モバイルの最低利用料金の1078円(税込)より少し安い990円(税込)で利用可能

・LINEアプリ(音声通話・ビデオ通話含む)はデータ消費なし

【LINEMOのデメリット】

・楽天Linkのような無料通話アプリはなく、無料通話には別途料金が必要(LINE通話は無料)

LINEMOの詳細はこちらから
 ↓ ↓

LINEMO 公式サイト


povo(ポヴォ)

povo(ポヴォ)イメージ画像

povo(ポヴォ)はauのオンライン専用プランです。

基本料金は0円ですが、利用には「1GB追加 (7日間):390円/回」などのトッピングを追加する必要があります。

無料(0GB)の状態でも最大速度128kbpsであれば通信可能ですが、ページの読み込みにかなり時間がかかるのでおすすめしません。

【povoのメリット】

・auの自社回線を使っているので、楽天モバイルと比べて通信速度が安定して速い

・トッピングの組み合わせ次第では、楽天モバイルの最低利用料金の1078円(税込)より安く利用可能

【povoのデメリット】

・楽天Linkのような無料通話アプリはなく、無料通話には別途料金が必要

povoの詳細はこちらから
 ↓ ↓
povo公式サイト


日本通信

日本通信イメージ画像

日本通信はドコモの通信を利用したMVNOです。

価格はシンプル290プランが一番安く、1GBまで290円(税込)で利用可能。

【日本通信のメリット】

・ドコモ回線を使っているため、利用可能エリアが広い

・楽天モバイルの最低利用料金の1078円(税込)よりかなり安い290円(税込)から利用可能

【日本通信のデメリット】

・楽天Linkのような無料通話アプリはなく、無料通話には別途料金が必要

・昼時など利用者の多い時間帯は通信スピードが遅くなることがある

日本通信の詳細はこちらから
 ↓ ↓
日本通信公式サイト


スポンサーリンク

さいごに

この記事では楽天モバイルを無料で利用していたユーザーが他社に乗り換える場合に、楽天モバイルに似た格安プランがある事業者を4つご紹介しました。

楽天モバイル新料金プランの変更点は「1GBまで無料」としていた料金プランの廃止

似たような料金プランで利用できる格安スマホ事業者のおすすめは

  • OCNモバイル
  • LINEMO(ラインモ)
  • povo(ポヴォ)
  • 日本通信

の4つです。

今まで0円で利用していた方には「裏切られた」という想いを持つ方もいるようですが、楽天モバイルには国内無料通話アプリ“楽天Link”が利用できるというメリットもあります。

ただ地域によっては楽天モバイルの通信では安定せず不満という声もあるので、いろいろと比較しながらご自分にあった、事業者を見つけてみてください。


タイトルとURLをコピーしました