韓国伝統菓子 薬菓(ヤッカ)はどんな味?売ってる場所やカロリーもご紹介

韓国伝統菓子 薬菓(ヤッカ)はどんな味?売ってる場所やカロリーもご紹介グルメ
スポンサーリンク

韓国伝統菓子として有名な薬菓(ヤッカ)
ヤックァなどと呼ばれることもある、花を形どった揚げ菓子です。

韓国では先祖供養の供物や正月などの祝い事のお菓子として、また日常のおやつとしても食べられ、韓国ドラマの映像に映っていることもよくあります。

最近の韓国ブームもあり、日本でも販売されることが増え、SNSなどでも見かけるようになってきました。

この記事では、ヤッカの味や販売している場所、カロリー、SNSに投稿されたヤッカについての投稿についてご紹介します。

ヤッカが気になるという方はぜひ購入の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

韓国伝統菓子 薬菓(ヤッカ)はどんな味?

ヤッカの味ですが、沖縄の郷土菓子である「サーターアンダギー」や「ドーナツ」と比較されることが多く、それらをもっと濃くした感じなどと表現されています。

ヤッカの材料で主なものは、小麦粉やハチミツ、ごま油、シナモン、しょうが、コショウなど。

この材料を混ぜて型抜きしたものを低温の油でじっくりと揚げて、揚がったらハチミツや水あめを溶かしたシロップにしっかり浸したら出来上がりです。

なんとなく味の想像はつくでしょうか?

1口目で違和感を覚える人も多いお菓子ですが、食べ続けるとクセになるという声が多いお菓子。

味の感想は人によって多少の違いはありますが、Twitterに味の感想を投稿しているツイートがいくつかあったのでご紹介します。


Twitterの投稿を見るとやはり、ドーナツやサーターアンダギーをさらにしっとりと、油っこくしたお菓子といったコメントが見られます。

全体的には「好き」とか「美味しい」というコメントが多く、あまり「苦手」というコメントは目に留まらなかったので、日本でも一般受けしやすい味だと感じている人が多いようですね。

スポンサーリンク

薬菓(ヤッカ)を売っている場所は?

東京の新大久保や、大阪の鶴橋などに代表されるコリアンタウンの店舗や、韓国食品を多く取り扱うスーパーでは取り扱いがあることが多いです。

コリアンタウン近隣のドンキホーテなどでも取り扱いがあります。

また過去にカルディコーヒーファームやコストコでの取り扱いも確認できていますが、常時販売しているとは限らず、時期によって販売されている時もあるという感じです。

どうしても近所に販売店がないという場合は、インターネットでもたくさん販売されています。

価格は200円ぐらいからありますが、単品で低価格のものは送料のほうが高くなることが多いので、10個セット1,500円程度で購入できる送料無料のものを購入するほうがお得かもしれません。



スポンサーリンク

薬菓(ヤッカ)のカロリーは?

ヤッカは低温の油で時間をかけて揚げて作るお菓子なので、しっかり油を吸い込んで見た目より重みのあるお菓子。

さらに、揚げたものをハチミツや水あめを溶かしたシロップに浸しているので、その分カロリーも高めになります。


商品にもよりますが、ミニ薬菓などとして販売されている小さめのヤッカ1枚7g前後だと30kcal/枚ほど、コストコなどで販売されている1枚30gのものだと120kcal/枚ほどのカロリーとなっています。

1枚のカロリーだけ見ると、ビックリするほど高いわけではありませんが、重量から見るとカロリーは高めです。

ヤッカが好みの味の場合は、美味しくて手が止まらず、たくさん食べすぎてしまうということもよくあるので、あまり太りたくない方は食べすぎには注意してください。

SNSに投稿されたヤッカについての他のコメント

他にTwitterには以下のような投稿がありました。


一部では苦手という方もいるようですが、ハマる人には、ハマる商品です。

美味しくても食べすぎには注意してくださいね。


まとめ

この記事では、ヤッカの味や販売している場所、カロリー、SNSのヤッカについての投稿をご紹介しました。

まとめると

  • 味や食感はサーターアンダギーやドーナツに似ており、それらをもっとしっとりと油っこくした感じ。
  • 販売店については、コリアンタウンなど韓国の食材やお菓子を多く扱うお店で取り扱っていることが多い。他にコストコやドン・キホーテ、カルディコーヒーファームなど海外の食材を取り扱っている店舗で販売していることも。
  • カロリーは高め。1枚30gサイズで120kcalほど。
  • 苦手な人も一部いるが、美味しいと評価している人が多い。


最近は取り扱いのお店も増えているようなので、気になる方は見つけたらぜひ1度食べてみてください!

タイトルとURLをコピーしました