キャンドルウォーマーランプの口コミや電気代を調査!おすすめもご紹介!

キャンドルウォーマーランプの口コミや電気代を調査!おすすめもご紹介!暮らし

電球の熱でアロマキャンドルを溶かして香りを楽しむ「キャンドルウォーマーランプ」

火を使わずにスイッチ一つで香りが広がるため、簡単で安全だとして徐々に人気が出てきています。

この記事ではキャンドルウォーマーランプを実際に使用している方の口コミをご紹介。

あわせてキャンドルウォーマーのメリット・デメリットや使用にかかる電気代、おすすめ人気商品などもご紹介します。

キャンドルウォーマーが欲しいけど、どうしようと迷っているかたはぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

キャンドルウォーマーランプの口コミ

Twitterにはキャンドルウォーマーのツイートがたくさんありました。

一部ご紹介します。


このように買ってよかったというツイートが、使用している画像とともにたくさんありました。

癒し効果抜群の、最高な灯はずっと見ていられますね。

このようにキャンドルウォーマーが溶けるのが早いというものも。
キャンドルウォーマーはキャンドルに直接火をつけるより溶けるのが早くなります。

溶けるのは早いけど、気化しないのでキャンドルの減り自体は遅くなりますね。

炎のゆらめきを楽しみたい方には、キャンドルウォーマーではちょっと物足りないかもしれませんね。

香る照明!最高ですね。
香りと灯りのリラックス効果で、ぐっすり寝れそう。

スポンサーリンク

キャンドルウォーマーランプの電気代は

キャンドルウォーマーランプの電気代は1か月数十円程度です

有名なカメヤマのキャンドルウォーマー「キャンドルウォーマーランプミニ」や「ハリケーンキャンドルウォーマーランプ」で計算してみました。

▼ ミニはこの商品

カメヤマローソク キャンドルウォーマーランプミニの商品画像

どちらも消費電力は25W。

例えば東京電力管内で、1日1時間の使用を1か月続けたとすると、月額の電気代は20円弱ぐらいの計算になります。

もし1日5時間毎日使っても100円程度なので、大した負担にはならないかと思います。

ちなみにキャンドルウォーマーはほとんどの商品がコンセントタイプの仕様。

充電式や電池タイプなど、コードレスのものは見つからなかったのですが、タイマー付きという商品はありました。

タイマー付きだと、うっかり寝てしまっても安心ですね。

スポンサーリンク

キャンドルウォーマーランプのメリット

直接火を灯すのではなく、キャンドルウォーマーランプを使用することのメリットをご紹介します。

・火を使わないので安心

 火災などの心配がないのは安心ですね。


・煙やススが気にならない

キャンドルを使用する際に、商品や使い方によっては煙やススが出ることもありますが、キャンドルウォーマーならそんな心配はいりません。


・香りが深く広がりやすい

火を灯すよりも多くのロウを溶かすことができるため、その分香りを広げやすくなります。


・ロウが減らない

キャンドルに火を灯した場合、溶けたロウが炎の熱で気化して、使用するほどに減っていきます。

しかし、キャンドルウォーマーランプは、火を使わずに熱でロウを溶かすので、気化せず量は減りません。

※ロウは減りませんが、使用するたびに香りの効果は薄くなっていきます。

・間接照明としての利用ができる

心を落ち着けたいときなどに、間接照明として使用すると、灯りと香りでリラックス効果が高まります。

キャンドルウォーマーランプのデメリット

・香りの減りが早い

同じ時間キャンドルに灯りをともした場合、火を灯すよりも多くのロウを溶かします。

香りは広がりやすくなりますが、その分香りの減りも早くなります。

・コードが必要

コードが必要な製品が多いので、キャンドルに直接火を灯す場合に比べて使用する場所を選ぶというデメリットがあります。

・炎のゆらめきをたのしめない

炎には、1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)効果があるといわれ、眺めていると癒しやリラックスの効果あると言われています。

キャンドルウォーマーを使用すると、火災などの心配がない分、この炎のゆらめきを感じることが出来ないというデメリットがあります。

おすすめのキャンドルウォーマーランプ

キャンドルウォーマーランプの中から、口コミ評価がよく、評価数も多い商品を2商品ご紹介します。

キャンドルウォーマーによっては、キャンドルのサイズが合わないこともあるので購入する際はサイズもしっかり確認しましょう。

手持ちのキャンドルに合うサイズのものを使用することで、キャンドルが大きすぎてキャンドルにウォーマーに入らないということや、サイズが合わなくて香りが充分に拡散しないということを避けることができます。

カメヤマ キャンドルウォーマーランプ

日本のキャンドルウォーマーで最も取り扱いが多いのがこのカメヤマローソクの「キャンドルウォーマーランプ」です。

「キャンドルウォーマーランプミニ」

カメヤマ キャンドルウォーマーランプミニの商品画像

カラーは、ホワイト・ブラック・グレーの3種類。

サイズ:W160×L125×H260mm(ハンドル部分含む)
コードの長さ:約1.5m 中間スイッチ付き
ライトからキャンドル台までの高さ:約95mm

直径が90mmまで、高さが85mm程度までのキャンドルにおすすめなサイズです。

「ハリケーン キャンドルウォーマーランプ」

カメヤマ ハリケーン キャンドルウォーマーランプの商品画像

カラーはブラウン・ホワイト・コパー・ブラスの4種類。

サイズ:W164×L155×H345mm(ハンドル部分含む)
コードの長さ:約1.5m 中間スイッチ付き
ライトからキャンドル台までの高さ:約180mm

直径100mmまで、高さが140mm~177mm程度のキャンドルにオススメなサイズです。

HONONARI キャンドルウォーマー

台座が木目調のデザインのシンプルでおしゃれなキャンドルウォーマーです。

HONONARI キャンドルウォーマーランプの商品画像
HONONARI キャンドルウォーマーランプの商品画像

カラーはブラック・ホワイトの2種類。

本体サイズ:W140×L140×H330mm
コードの長さ:約1.3m 光量調節式スイッチ付
ライトからキャンドル台までの高さ:約150mm

直径100mmまで、高さが130mm程度までのキャンドルにオススメなサイズです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場



上記2商品がよく売れている商品ですが、それ以外にも、たくさんのキャンドルウォーマーが販売されています。

デザインも少しずつ違うので、お気に入りのキャンドルウォーマーをさがしてみてください。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

さいごに

この記事ではキャンドルウォーマーランプを実際に使用している方の口コミや、キャンドルウォーマーのメリット・デメリット、使用にかかる電気代やおすすめの人気商品をご紹介しました。

アロマキャンドルはせっかく持っていても、火を付けて使用するのが怖かったり、面倒などの理由で使用していないという方も多いかと思います。

安心して使用でき、さらに優しい灯りで癒し効果もあるキャンドルウォーマーランプ。

実際使用した方の口コミでは「買ってよかった」というものも多かったので、気になる方はぜひ1度使ってみてください。




タイトルとURLをコピーしました