ガラクトミセス配合の韓国コスメは危険なのか?韓国コスメの安全性

化粧品がたくさん並んでいる写真暮らし
スポンサーリンク

韓国製のガラクトミセス配合の化粧品のことをネットで調べていると「韓国のガラクトミセスが危険」という記事や、もっと言えば「韓国コスメ自体が危険」という内容の記事をいくつも見つけました。

私自身が化粧品を使うにあたって良いものは取り入れたいので、国産のものも、韓国を含む海外製品も使用しています。

最近購入し、とても気に入ったガラクトミセスの化粧品があります。


今後使い続けるにあたって危険な化粧品は使いたくないので、本当に韓国製のガラクトミセス化粧品や他の化粧品が危険なのか、少し調べてみました。

スポンサーリンク

韓国製のガラクトミセス化粧品が危険と言われる理由

素肌に手を当てる女性の写真

韓国製のガラクトミセス化粧品が危険だと言われる理由について調べてみましたが、私が調べた限りでは、特にガラクトミセス化粧品で肌が荒れたなどの実例はありませんでした。

ガラクトミセス配合の化粧品を使用した際に肌に刺激があったという声や、韓国製のガラクトミセス化粧品がかなり安価なので有害な成分を配合しているのかもしれないという憶測から「韓国製のガラクトミセス化粧品は危険だ」という風評が出てきたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

実際に韓国製の化粧品は危険なのか?

韓国では数年前に「アイブローやアイライナーなどの化粧品染料製品に発がん性物質が基準の5倍含まれたものが発売されていた」とニュースになったことがあります。
また、「フェイスパウダーから発がん性物質のアスベストが検出された」というニュースなども。

こういったニュースをもとに韓国製の化粧品は危険という話が出たのかと思われます。

しかし、中国やフランス、アメリカ、そして日本でも過去には発がん性物質の検出で化粧品が使用禁止になった事例はいくつもあります

そう考えると、韓国コスメだから特別危険だということではなさそうですね。

日本の化粧品は世界的に見て安全性が高い分、効果・効能が高い成分を認めていないものが多いそうです。

そのため海外の効果が高い化粧品を使用すると、効果がある分、肌に刺激を受け、その結果危険だという認識を持つ可能性も考えられます。

特に、韓国から並行輸入や直輸入で購入した商品は、成分表が韓国語のためどんな成分が配合されているかわからず、使用して肌が荒れれば、やはり危険という評価になってしまうのかなと。

スポンサーリンク

韓国製化粧品を安全に使用するにはどうすればいい?

韓国製化粧品のパッケージ写真

日本国内で取扱いのある化粧品は、日本人の肌に合わせた化粧品認可基準をクリアしたものだけが販売されています。
そのため、日本で販売されている韓国コスメは基本的に日本の化粧品認可基準を満たした商品なので、トラブルが出にくいと思います。

しかし、インターネットなどで韓国から直接購入したり、現地購入の場合は、韓国の化粧品認可基準しか満たしていないということになります。

韓国と日本では化粧品認可基準が違うので、韓国では自国の化粧品認可基準を満たしていて安全と認められていても、日本では認められておらず、その成分が日本人使用者の肌に合わない場合もあるかと。

ですので、韓国コスメを使いたいけど不安があるという方は、日本で販売されている公式店のものか、もしくは代理店販売されている商品を購入するのをおすすめします。
パッケージの裏などにある法定表示ラベルが日本語のものは、日本の認可基準を満たしているものと考えて良いかと思います。

特に、敏感肌の方は国内の化粧品でも荒れる可能性があるぐらいなので、日本の処方でないものだと合わない可能性も高いです。

そのため、韓国や他の海外製化粧品を使用する際は正規輸入品として日本の基準を満たしたものを使用するか、並行輸入や直輸入のものを使用したい場合はパッチテストなど、顏以外の部分でしっかり試した上で使用することをおすすめします。

さいごに

韓国コスメは安くて、効果があるものもたくさんありますので、良いものは使ってみたいという方も多いかと思います。

今回いろいろと調べてみて、韓国コスメが特別危険なものではないと知り安心しました。

安心・安全を一番に求めるのであれば、日本の基準を満たしている国産のものを使用した方がいいと思いますが、韓国コスメを使ってみたい方でも正規輸入品を使用したり、使用者の口コミ等をしっかり確認して慎重に使用すれば問題なく使用出来ると思いますよ。

しかし、日本語表記のラベルがない輸入品のトラブルは自己責任になります。
このような商品を使用する際は、商品ページの広告に惑わされず、日本人の口コミ等を参考に安全だと判断できるものを購入・使用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました