ダイソー 香水クリームを本物のクロエと比較!パフュームドクリームの香り・保湿はどう?

ダイソー 香水クリームを本物のクロエと比較!パフュームドクリームの香り・保湿はどう?美容
スポンサーリンク

ダイソーの香水クリームがクロエの香りにそっくりだとして話題になっています。

私もクロエのハンドクリームを持っているので、税込み110円で同じものが手に入るなんて~と驚くとともに、どんなものか使ってみたいという気持ちも。

そこで、この記事では本家クロエのハンドクリームと噂のダイソー香水クリームを使い比べて比較してみました。

結論からいうと、

・香りの系統は似ているが、違うと感じる
・保湿力はダイソーの香水クリームのほうが高い⁉
・価格はダイソーの香水クリームの圧勝

と感じました。

具体的に記事に記載していますので、使ってみたいと気になっている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ダイソー 香水クリームとは?

ダイソーで販売されている香水クリーム(パフュームドクリーム)という名前のクリームです。

パッケージにはPerfumed Cream(香水クリーム)と記載があるだけですが、使用方法として「適量を乾燥が気になる部分に塗ってください」とあるので、ボディクリームやハンドクリームの位置づけで作られた商品のようです。

5種類あり、マイルドフローラル・クリアフローラル・フレッシュフローラル・エレガントフローラル・シプレフローラルと、それぞれ香りもパッケージの色も異なっています。

その中の「クリアフローラル」の香りがクロエの香水にそっくりだとして話題に。

このクリアフローラルの香りは、パッケージの見た目もクロエのハンドクリームと色味が似ているので、かなりクロエを意識して作られたもののようです。

Twitterでもこのようなつぶやきがありましたよ。


このようにクロエの香りに似ているという人の投稿がありました。

100円なのに恐るべし、香水クリーム!

スポンサーリンク

ダイソー 香水クリームを本物のクロエと比較

ダイソーのパフュームドクリームとクロエのハンドクリームの商品画像

クロエの香りは香水以外にもボディクリームやハンドクリームがあります。

ここでは一番用途や形状が似ていると思われるクロエのハンドクリームと、ダイソーの香水クリームを香り、保湿力、価格と3つに分けて比較してみました。

香水クリームといわれる商品の香りを比較

みなさんの期待を裏切るようで申し訳ありませんが、結論からいうと2つの香りはちょっと違うかなという印象です。

そっくりと評判なので、「似てます!」と書きたかったのですが、何度匂いを嗅いでみてもやはり違うなと。

商品のふたを外して匂ったときの印象はかなり似ているのですが、肌に伸ばした瞬間から香りが変わるという感じです。

まあ確かに、価格が違うのに全く同じで区別がつかないとなるとそれはそれでどうなのかなという感じもしますが…。

どちらもフローラルベースで、似た雰囲気の香りにはなっていますが、クロエのハンドクリームは当然クロエの香水の香りと同じ香りで、高級感があります。
奥深く甘い香りで、濃厚ですね。

対して香水クリームはクロエの香りに石鹸の香りをプラスしたような、よく言えばさわやかな軽い香りになっています。
香水クリームの成分にはヤシ油(ココナッツ油)が多く含まれているので、ココナッツの香りも少し入っているような印象です。

また香りの持続力もクロエがいつまでも香るのに対して、香水クリームはもともとの香りの薄さもあり、しばらくするとかなり近づかないと香りません。

“香水”とあるのでもう少し香りが持ってくれたら嬉しいですが、110円(税込)という価格を考えるとそこまでは求められないですね。

最初のうちはそれなりに香りますし、これはこれで充分よい香りなので、このクリアフローラルを含め好みの香りがあれば、購入する価値はあると思います。

今回紹介したクロエ似といわれるクリアフローラル以外にも、シャネル似やブルガリ似と話題になっている香りもあるそうです。

保湿力・使い心地を比較

保湿力は、個人的にはダイソーの香水クリームのほうがしっとり潤うかなという印象を持ちました。

同量を左右の手に塗って比較したのですが、クロエのハンドクリームを塗った手の表面がしばらくするとサラサラの状態になるのに対し、香水クリームはいつまでもしっとりとした感じ。

決してベタベタするのではなく、肌に浸透しているけど潤っているという感じです。

もちろんクロエのハンドクリームも当然それなりに保湿力はありますが、両者を比較すると香水クリームのほうが潤いは持続するのかなと思います。

クロエのハンドクリームは元々保湿力の評価より、香りの評価で支持されているところがあり、あくまで2つを比較した評価にはなりますが、香水クリームは110円(税込)でこれだけ保湿力があれば十分なのではないでしょうか。

テクスチャは香水クリームのほうがやや硬め。
どちらもよく伸びてしっかりなじんでべたつきはないので、使いやすいですよ。

価格を比較

価格は圧倒的に香水クリームのほうが安いですね。
書くまでもないのですがダイソー価格の110円(税込)!

それに比べてクロエのハンドクリームは国内販売価格の定価だと5390円(税込)。
ネット通販などで購入できる並行輸入品でも2500円前後で販売されています。

香水クリームの容量は30mlなのに対し、クロエのものは75mlと倍以上の容量ですが、それを考慮してもこの価格差は大きいですね。

110円でこれだけ香って、潤えばコスパは最高なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

この記事ではクロエのハンドクリームとダイソーの香水クリームを使い比べて比較してみました。

個人的な結論!

・香りの系統はフローラルベースで似ているが、結構違うと感じた
・保湿力はダイソーの香水クリームのほうが高いように感じた
・価格は圧倒的にダイソーの香水クリームが安い!

クロエの香りが好きだという方には、クロエのハンドクリームがおすすめです。

保湿力もあり、安く購入したい、香りはそこそこ良い香りがあれば…という方にはダイソーの香水クリームも、とてもいい商品だと思いました。

個人的にはぜひクロエのハンドクリームも使ってみて、香りのよさを体感してほしいです。

\楽天スーパーセール開催中/
楽天市場



【関連記事】

スポンサーリンク
美容
ちえブログ
タイトルとURLをコピーしました