業務スーパーの吉備高原どり(国産鶏肉)が美味しくて安い!コストコのさくらどりとの違いは?

業務スーパーの吉備高原どり(国産鶏肉)が美味しくて安い!コストコのさくらどりとの違いは?話題
スポンサーリンク

テレビのランキング番組で業務スーパーの国産鶏肉が安くて美味しいと紹介されていました。

業務スーパーでブラジル産などの大容量の冷凍鶏肉が販売されているのはなんとなく知っていましたが、国産で大容量の鶏肉が販売されていることを今回初めて知ることに。

そこでこの記事では業務スーパーで購入した「吉備高原どり」について実際購入してみた感想や、似たような商品のコストコの「さくらどり」との比較についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

業務スーパーの吉備高原どりとは?

業務スーパーの吉備高原どり もも肉

今回購入したのは「吉備高原どり」です。

この吉備高原どりの「もも肉」と「むね肉」を購入しました。
写真はもも肉のものですが、他に、むね肉、ささみ、手羽先、手羽元などの販売があります。

テレビで紹介されていたのは「上州高原どり」でしたが、店舗で探しても無く、調べてみると地域で商品名が違うことが判明。

どうやら業務スーパーの国産鶏肉の取り扱いは現在は西日本(石川・岐阜・愛知以西)が「吉備高原どり」で、東日本(富山・長野・静岡以東)が「上州高原どり」と地域によって購入できる商品が違うとのことでした。

どちらも国内自社関連工場製造のものですが、「吉備高原どり」は岡山県の株式会社グリーンポートリーさんが、また「上州高原どり」は群馬県の「株式会社朝びき若鶏」さんが飼育から生産、製造までされているようです。

この「吉備高原どり」は、2kgという大容量での販売。
チルド商品で冷凍はされていません。

鶏肉の鮮度を考えて、グリーンポートリーでは養鶏場から加工場までの直結システムを完備しており、解体からわずか1時間で商品化して出荷されているとのこと。

この吉備高原どりについて業務スーパーの販売ページには以下のように紹介されています。

国内自社関連工場製造で安全安心に自信あり!ビタミンEが豊富な飼料と、たっぷりの愛情で育てたこだわり健康鶏です。日本初の“スキンパック包装”を採用。水分を保持できるので、鶏肉本来の味や風味、柔らかさを維持することができます。

引用:業務スーパー公式サイト


実際食べてみた感想も、柔らかくて、においやくせもなくて十分美味しかったです。

食肉用語大辞典というサイトの情報によると、この吉備高原どりの特徴として「鶏肉特有の臭いを抑えたやわらかくてコクのある味」「非遺伝子組み換え原料を飼料として使用しており、肉色は淡紅色で脂の色は白く仕上がっているので大変鮮度感のある鶏肉」とされています。

安心の飼料で育てられて、やわらかくてコクのある鶏肉はありがたいですね。

スポンサーリンク

業務スーパーの吉備高原どりとコストコの冷凍鶏肉「さくらどり」を比較

最初にこの商品を店頭で見たときに思ったのは「コストコのさくらどりみたい!」でした。

コストコのさくらどりはこれです(写真はもも肉)

引用:Amazon


以前からコストコを利用する際には毎回「さくらどり」を購入。
大容量で美味しくていいのですが、コストコは自宅から遠く頻繁には行けないので、たまにしか購入できないのがネックでした。

そこで、このコストコの「さくらどり」と、業務スーパーの「吉備高原どり」を比較してみました。

今回は購入したもも肉とむね肉を比較してみます。

まずはもも肉。

もも肉業務スーパー
吉備高原どり
コストコ
さくらどり 
内容量 2kg 2.4kg
価格(2021.03) 1,782円 2,588円
原産地 岡山県 日本各地
100gあたり
の価格
 89.1円 107.8円
消費期限 加工日から7日 6日前後


次にむね肉を比較してみます。

むね肉業務スーパー
吉備高原どり
コストコ
さくらどり 
内容量 2kg 2.4kg
価格(2021.03) 993円 1,338円
原産地 岡山県 日本各地
100gあたり
の価格
 49.6円 55.7円
消費期限 加工日から7日 6日前後

価格はどちらも変動するので、2021年3月10日前後の価格での比較です。

内容量はどちらも2kg近く入った大容量。

さくらどりのパッケージは最初から4つに分かれていて、1つのパッケージに2枚ずつ全部で8枚入っていることが多いです。

吉備高原どりは分かれておらず、ぜんぶまとめて1つになっています。
個体差によって入っている枚数も違うのかもしれませんが、今回はもも肉は8枚、むね肉は7枚入っていました。

吉備高原どりは岡山の工場で一括生産されるのに対して、さくらどりは全国各地で生産されており、コストコの各倉庫店から1番近い場所で生産されているものが納入されるようです。

100gあたりの価格は購入時によって変わるかと思いますが、今回は業務スーパーが1割近く安いという計算に。

コストコのさくらどりもお安く購入できますが、この吉備高原どりはスーパーの国産鶏肉よりもお安く購入できますね。

コストコのさくらどりは小分けになっているため、使い勝手がよいというメリットがあります。

小分けパックのまま保管して使いたい分だけを使うということも出来ますし、消費期限内に使いきれない場合には冷凍も可能。
またお友達などとシェアする場合にも便利です。

業務スーパーの吉備高原どりは、小分けにはなっていないので開封後使わない分は、一度にまとめて保存の処理という手間が発生。

味に関しては、どちらも肉の臭みは感じません。
どちらも、肉質がやわらかく、ジューシーな味わいなので、多くの人が満足できる品質なのではないかと思います。

スポンサーリンク

業務スーパーの吉備高原どりの口コミ


このように1枚でのパック商品も販売されています。
改めて見ると本当に安いですね…。



ブラジル産より安いなんて、確かに疑いたくなるレベルです。



本当に臭みなども一切なく、新鮮で美味しかったです。
おやつ感覚(笑)



この品質で、この価格。
我が家も採用決定です!

さいごに

この記事では業務スーパーの「吉備高原どり」についての紹介や、コストコの「さくらどり」との比較についてご紹介しました。

コストコのさくらどりの美味しさは定評がありますが、業務スーパーの吉備高原どりも十分美味しく、価格も安く、安心安全に考慮されたブランド鶏で、オススメの商品。

最近まで販売されていることを知らなかったのですが、今回知って一気にファンになってしまいました。

業務スーパーでは、この吉備高原どりを1枚から販売されている店舗もあるようなので、お近くに業務スーパーがある方は、ぜひ一度試してみてください。




タイトルとURLをコピーしました