フラグメントケースとは?使い方やミニ財布との違い・メリットデメリットをご紹介

フラグメントケースとは?使い方やミニ財布との違い・メリットデメリットをご紹介話題・トレンド
スポンサーリンク

キャッシュレス化が進み、注目されている「フラグメントケース」

ミニ財布よりもっとコンパクトなフラグメントケースは、必要最低限のものだけを持ち歩きたいという方からの注目度が高まっていて、ミニ財布の次に流行るアイテムと言われています。

そこで、この記事ではフラグメントケースの使い方やミニ財布との違い、フラグメントケースを使うメリットやデメリットについてもご紹介。

今使用している財布をもっとコンパクトに使用したい方や、フラグメントケースを購入しようか迷っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

フラグメントケースとは?

フラグメントケースは、小銭やお札を入れるなど用途に合わせて使えるポケットに、数枚分のカードポケットがついている薄型のケースです。

フラグメントとは、「断片」や「破片」を指す言葉。
その名の通り、財布のカードポケットと小銭入れの部分を切り取ったようなフラグメントケースは、コンパクトに持ち歩くことができ、キャッシュレス時代にピッタリの財布と人気急上昇中なんです。

まだ、フラグメントケースを見たことがないという方もいらっしゃると思うので、先にどういった外観なのかご紹介。

これは、LOEWE(ロエベ)の「コイン カードホルダー」という商品ですが、よくフラグメントケースとして紹介されることの多い人気の商品です。

引用:LOEWE公式オンラインストア

幅13cm×高さ7.5cmのジッパー付きのポケットの側面に、カードスロットが4つついている商品。
基本的にフラグメントケースは側面にこのようなカードスロットがついています。

引用:LOEWE公式オンラインストア


フラグメントケースのファスナー部分の形状は、真っ直ぐのものも多いですが、この商品はファスナー部分がL字型になっていて、大きく開くので中身が取り出しやすくなっています。

引用:LOEWE公式オンラインストア

商品によって多少の差はありますが、基本的にはこのような形状になってます。

このように、フラグメントケースとは、カードケースほどのコンパクトなサイズで、外側にカードポケットがついているのが特徴です。

スポンサーリンク

フラグメントケースの使い方は?

フラグメントケースは“少量のお金も入るカードケース”として使う方が多いです。

財布はお札や小銭をたっぷり入れることを前提に作られていますが、フラグメントケースはキャッシュレス決済化が進んでいる現代に合わせて、今まで財布に入れて持ち歩いていたカード類のみをコンパクトに持ち歩けるツール。

あわせて少量の現金を持ち歩くためのポケットがあるフラグメントケースが多く、自宅などのカギを持ち歩くためのキーチェーンなどがついているものもよくあります。

コンパクトに持ち歩きたいという方のニーズにこたえて、サイズもコンパクトなものが多く販売されていますが、中にはお札を折らずに使用できるロングタイプのフラグメントケースもあり、カードの他にスマホも入れて持ち歩くという方も。

フラグメントケースによって収納の機能や容量は違いますが、カード収納を中心に、財布代わりにコンパクトに持ち運べる便利なケースがフラグメントケースです。

スポンサーリンク

ミニ財布やパスケースと何が違うの?

フラグメントケースは数年前から人気が高いミニ財布や、パスケースとどういったところが違うのでしょうか?

ミニ財布の形状にもよりますが、ミニ財布はカードも小銭入れも、札入れのスペースもしっかりとってあるのでコンパクトといえども、フラグメントケースに比べるとかさばります

ミニ財布は2つ折りタイプのものが多く、そのコロンとした見た目が可愛いという方も多いですが、2つ折りにしたり、小銭を多く入れることで厚みが出ることも。

しかしミニ財布にはお札を折らずに収納できたり、小銭が取り出しやすいなどフラグメントケースより優れている点もあります。

また見た目はパスケースのような外観ですが、パスケースと比較するとフラグメントケースには小銭を入れたりできるポケットが付いていることや、カードポケットの収納枚数が多いという点が優れています。

フラグメントケースのメリット・デメリット

フラグメントケースついてよく言われているメリットとデメリットをご紹介します。

フラグメントケースのメリット

・薄くて軽い
・バッグの中がすっきりする
・カードが取り出しやすい

一番のメリットは軽い・薄い・コンパクトですね。
バッグが軽くなったり、ミニバッグにいれてもかさばりませんし、アウトドアやスポーツ、ランニングに携帯するときにもポケットに入れることができます。

また側面にカードポケットがあるものが多いので、カード利用の際はワンアクションですぐに取り出すことが出来て便利です。

最近キャッシュレス決済ばかりで、財布はあまりつかっていないな~という方には特にオススメです!

フラグメントケースのデメリット

・小銭の枚数に制限がある
・カードの枚数が制限される
・お札をたたむ必要がある
・形状によってはコインが取り出しにくい

コンパクトな分、持ち歩ける小銭の数が限られます。
またフラグメントケースのカードポケットは、4〜6枚くらいが主流なのでカードは厳選する必要があります。

お札は収納スペースが限られているので、折って収納する必要があります
お札を折るのが嫌な人はミニ財布か、お札は別管理で持つようにしたほうがいいかもしれません。

折らずに使用できるフラグメントケースも

参考》お札を折らないで使えるロングサイズのフラグメントケース5選!


またフラグメントケースの形状によっては、コインが取り出しにくい場合も。
L字ファスナーやマチ付きだと比較的取り出しやすいですよ。

フラグメントケースについての口コミや評価

Twitterでもフラグメントケースについてのコメントがたくさんありました。
いくつかご紹介しますね。

このようにフラグメントケースが欲しいという方がたくさんいました。
最近急激にキャッシュレス化が進んでいるので、気になる人が多いようです。

使用している人のツイートには、買ってよかったという内容のツイートも多かったです。
もう重くて、スペースを取る財布には戻れない。


キャッシュレスが増えてきたとはいえ、まだ現金決済しか対応していないお店もありますよね。そこが悩みどころ…。

さいごに

この記事ではフラグメントケースについて、ミニ財布との違いやメリットデメリット、フラグメントケースの口コミなどをご紹介しました。

ビジネス、普段使いにと幅広く活躍するフラグメントケースは、1つ持っておくととても便利!

旅行や出張時など現金が多く必要な時は財布を使用し、キャッシュレス生活を送っている日常はフラグメントケースなど、使い分けている方も多いようです。

その日のお出かけ先や気分で持ち替えたりできますし、贈り物にしても喜ばれそうですね。

一度使ったら手放せないという方もいるようなので、バッグの中をシンプルにまとめたいと思っているかたは、フラグメントケースにぜひ注目してみてください。


フラグメントケースの記事
タイトルとURLをコピーしました