ジャムーティーに副作用はある?なぜ花粉症に効くと言われるのか口コミを調査!

ジャムーティーに副作用はある?なぜ花粉症に効くと言われるのか口コミを調査!話題
スポンサーリンク

花粉症の症状を和らげてくれると話題の「ジャムーティー」

インドネシアで「JAMU(ジャムウ)」は、生薬や漢方にあたるもので、この生薬を配合したジャムーティーは、近年SNSなどを中心に花粉症に悩む人の間で話題になっています。

「ジャムーティーで長年悩んできた花粉症が楽になった」という声が多く聞こえますが、効果があると聞くと気になるのが副作用。

この記事ではジャムーティーに副作用があるのか?また花粉症に効くと言われるジャムーティーの成分やツイッターの口コミをご紹介します。

つらい花粉症に悩まされている方や、ジャムーティーが気になっているという方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ジャムーティーに副作用はある?

生薬・スパイスの写真

ジャムーティーは漢方薬のように生薬を中心に作られたお茶ですが、基本的に副作用はなく安心して飲むことができます。

ただし、どんなものでも過剰摂取しすぎるのはよくありません。

効果があると話題のジャムーティーの原材料表記を見ると、以下のように記載されています。

  • ウコン根茎
  • ショウキョウ(ショウガ根茎)
  • コーヒーノキ果実
  • バンウコン根茎サンナ
  • シナモンケイヒ樹皮

一番多く含まれているのは「ウコン」。

ウコンは通常量の接種であれば問題ありませんが、過剰摂取や長期摂取では消化管障害を起こすこともあります。

また2番目に多く含まれるショウキョウ(しょうが)も、過剰摂取することによって腹痛や下痢を起こすことがあるとされます。

いずれの症状も、あくまで取りすぎた場合なので、ジャムーティーを通常量飲む程度では問題ないと思われますが、飲み過ぎには注意しましょう。

また、ジャムーティの注意書きには

お子様、妊娠中、授乳中の方は医師に相談の上、お召し上がりください。薬を服用中の方、疾病等をお持ちの方、通院中の方は医師に相談の上、お召し上がりください。

ジャムーティー JAMU TEA パッケージ表記より

とあるので、上記に当てはまる方はかかりつけの医師に確認の上、飲用するようにしてください。

ジャムーティーは多量摂取により高い効果が得られるというものではないので、過剰摂取とならないように一日の摂取目安量を守るようにしましょう。

スポンサーリンク

ジャムーティーはなぜ花粉症に効くと言われる?

杉の木の花や花粉

ジャムーティーが花粉症に効くと言われている理由について、SNSなどで話題の「ジャムーティーブラック」(黒いパッケージのもの)の原材料を1つ1つみていきたいと思います。

ウコン根茎

まずジャムーティーにいちばん多く含まれる「ウコン」。

ウコンはお酒を飲み過ぎた時にも飲用するとよいとされるスパイスですが、このウコンに含まれるクルクミンという有効成分が免疫のバランスを調整し、炎症抑制作用によって花粉症の症状を和らげる効果があると言われてます。

ショウキョウ(ショウガ根茎)・バンウコン根茎サンナ

ほかに「ショウキョウ(生姜)」には、温活効果の高い「ショウガオール」が含まれていて、摂取することで体温をアップする効果があります。

同じく「バンウコン」も体を温めるという効能が。

体温が1℃アップすると免疫力が最大5倍~6倍もアップすると言われているため、免疫力を高めることで花粉症のつらい症状を緩和させることが可能と言われています。

コーヒーノキ果実

コーヒーに入っている成分である「カフェイン」「ポリフェノール」が花粉症に効果的であると言われています。

花粉症は体内の免疫システムが過剰に働くことによって発生するとされていますが、コーヒーに含まれるカフェインにはこの過剰な免疫システムの働きを抑える作用があります。

また、カフェインには炎症を鎮静させる作用も。

そしてコーヒーに多く含まれるポリフェノールには花粉症の原因と言われるヒスタミンを抑える働きがあることが分かっています。

シナモンケイヒ樹皮

ケイヒ(シナモン)には抗炎症作用のあるフラボノイドなど複数の成分が含まれ、抗アレルギーに有効な生薬とされています。

また、ケイヒの活性成分を嗅ぐことによって、くしゃみなどの鼻炎症状を止める働きもあるとされています。

このように、ジャムーティーに使用されている原材料それぞれに花粉症に有効とされる効能が認められていました。

ジャムーティーは、花粉症に効果的と言われる原料がうまくブレンドされた製品だということがわかりますね。

スポンサーリンク

ジャムーティーの口コミ

Twitterを見ると、ジャムーティーで花粉症の症状が和らいだという声がかなりありました。

一部ご紹介します。

ヤバいドラッグが混じってたら、ヤバいですが…このように「効きすぎる」という声がたくさんありました。


「土みたい」とか「泥水」というパワーワードもたくさん並んでいて、味は覚悟が必要。

でも、効果は期待できそうですね。

ジャムーティーの効果が万人の人にあるということは実証されていないので、これを飲めば絶対大丈夫と言えるものではなく、効く人には効くという飲み物かと思います。

ただ、SNSの投稿を見ても花粉症の症状が和らいだと言ってる人も多いので、つらい花粉症に悩まされている人は一度試してみる価値はありますね。


かなり評判が高いジャムーティーですが、欠点は味が万人受けするものではなく「飲みにくい」ことと、「価格がややお高め」というところ。

もし、花粉症の症状があるけど、ジャムーティーは躊躇するという方には「えぞ式 すーすー茶」もおすすめです。

↓↓ これですね。キャッチコピーががインパクト大(笑)


名前はかなり個性的なお茶ですが、東証一部上場の北の達人コーポレーションが販売している、信頼できる製品です。

名前の通り鼻が通って「スース―する」というお茶。

「えぞ式 すーすー茶」は甜茶をはじめとする自然由来の原料から作られていて、ノンカフェイン、価格も30包1か月分3,065円(税込)と購入しやすい価格帯。

効果を実感できない場合は、商品到着後25日であれば商品を使い切っていても全額返金保証もあるという商品なので、まずはこの商品から試してみてもいいと思います。

公式ページでチェックしてみてください
    ↓  ↓

えぞ式 すーすー茶

さいごに

この記事ではジャムーティーの副作用や、ジャムーティーの花粉症に効くと言われる成分、ツイッターの口コミをご紹介しました。

話題のジャムーティーは味はかなりクセがありそうですが、副作用もなく、花粉症が楽になったという声も多いお茶。

効く、効かないは個人差もあると思いますが、購入を迷っている方は一度試して効果を実感してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
話題
ちえブログ
タイトルとURLをコピーしました