魔法のバッター液の作り方!鳥羽周作シェフの黄金比でトンカツ・フライが美味しく変身

魔法のバッター液の作り方!鳥羽周作シェフ直伝 トンカツ・フライが美味しく変身暮らし

2021年2月24日放送のスッキリで、ミシュランシェフである鳥羽周作シェフが何にでも使えるバッター液として紹介していた「魔法のバッター液」の作り方をご紹介します。

このバッター液を使うとどうして美味しくなるのか、理由もご紹介していますよ。

スポンサーリンク

鳥羽シェフ直伝 魔法のバッター液の作り方

材料(1人分)

小麦粉 60g
卵 1個(約60g)
水 30ml


小麦粉:卵:水=2:2:1   
この黄金比率がポイント!


小麦粉、卵、水すべて合わせ、ダマがなくなるまでしっかり混ぜ合わせる。
すべて混ざったら出来上がり。

一般的な衣付けは、小麦粉⇒卵⇒パン粉と順番につけるのですが、バッター液を使えば、食材にバッター液をつけて、そのあとにパン粉をつけるだけ!

パン粉をつける料理には何にでも使用することができますよ。

スポンサーリンク

魔法のバッター液 黄金比で美味しく変身する理由

小麦粉⇒卵⇒パン粉と順番につける一般的な衣付けだと、食材を薄くコーティングするだけなので、あげるとすぐに食材に火が通り中の食材が縮むことに。

食材が縮むことによって衣と食材の間に隙間ができてしまって、切ったときなどに衣がはがれる原因になります。

しかし、この黄金比で作ったバッター液を使えば、適度な粘り気が食材を厚めにコーティングしてくれるので、揚げるものにじんわり火が通って縮みにくく、衣がはがれる原因の隙間を作ることなく揚げれます。

じんわり火が通ることで揚げムラがなくなる上、衣に食材がしっかり覆われて外に水分が逃げないのでジューシーにしあがるというわけです。

スポンサーリンク

まとめ

この記事ではミシュランシェフである鳥羽シェフおすすめの「魔法のバッター液」についてご紹介しました。

材料は小麦粉、卵、水の3つだけ。
分量は「小麦粉:卵:水=2:2:1」が黄金比です。


パン粉を付けてあげるものには何にでも応用できる、便利なレシピですよ。

ぜひこのバッター液を使って、衣がはがれることのない、美味しくジューシーなフライを作ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました