ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータとは?カタラーナとの違いも

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータとは?カタラーナとの違いもグルメ
スポンサーリンク

ローソンで「ドライフルーツとナッツのカッサータ」という冷凍デザートを発見し「カッサータ?」と気になり購入しました。

このローソンのカッサータ、記事を執筆してる8月現在は手に入りやすいようですが、2021年4月の発売直後は人気で売切れの店舗も多かったそう。

この記事ではローソンの冷凍デザート 「ドライフルーツとナッツのカッサータ」を購入し、実際に食べてみた感想をご紹介。

  • 贅沢な味わいの大人のデザート
  • 冷凍状態から少し溶かすとより美味しい!
  • ケーキなのに低糖質・低カロリー
  • カタラーナやセミフレッドとの違い

といった内容をご紹介します。

スポンサーリンク

ローソン「ドライフルーツとナッツのカッサータ」の商品情報

ローソンの冷凍スイーツ「ドライフルーツとナッツのカッサータ」の商品情報をご紹介します。

カッサータが分からない方のために、簡単にカッサータについてもご紹介します。

イタリアの伝統的なスイーツ カッサータとは?

カッサータとは、イタリアのシチリア島で生まれた冷たいアイスケーキです。

いろいろなバリエーションがありますが、リコッタチーズや生クリームを合わせたものに、ナッツやドライフルーツを混ぜて、冷やし固めたものが一般的。

アイスだけで冷やし固めるものもあれば、スポンジケーキやビスケットを重ねて層にすることも多く、箱形や円筒形など形も様々。

カッサータとはイタリア語で「Cassata」と書き、語源はアラビア語の鉢形を意味する「クアッサドゥ」からきたとされる説や、イタリア語の箱「カッサ」からきたとされる説があります。

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータとは?

カッサータはローソンからも販売されていて、扉付きのショーケースで見つけることが出来ると思います。

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータの商品パッケージ画像

ローソンのカッサータは、スポンジ生地の上にリコッタチーズを使用したチーズクリームを乗せた冷凍のケーキ。

爽やかなチーズクリームとともに、ドライフルーツとナッツの食感が楽しめる商品で、解凍の手間なくそのまま食べらるスイーツです。

ドライフルーツとナッツが、チーズクリームの中や天面に散りばめられていて、風味豊かなだけでなく、彩も鮮やかです。

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータを開封したところ

中身はプラスチックのケースでしっかりと保護されています。

店頭でも立てて販売されていたり、持ち帰り時にうっかり落としてしまうということがありましたが、開封してみてもトッピングが外れるということもなく、キレイな状態でした。

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータの商品画像

ケースは半分に分かれますので、1つだけ食べて残りはまだ後で…という時にも便利です。

賞味期限も長く、未開封であれば約1年間となっているので、冷凍庫にストックしておいて、食べたいときに食べることが出来ますね!

商品情報

商品名: ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータ
販売価格399円(税込)
カロリー:1個(27g)当り84kcal
販売地域:全国

スポンサーリンク

ローソンのカッサータを食べてみました

お皿に置いたローソン ドライフルーツとナッツのカッサータの画像

形はホールケーキをカットしたような、形状です。

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータを横から見た画像

天面にふんだんにナッツとドライフルーツが散りばめられているのはもちろん、チーズクリーム部分にもたくさんのナッツとフルーツが入っていて、映えるおしゃれな見た目。

くるみ、オレンジピール、レモンピール、ピスタチオ、ドライクランベリー、りんごシラップ漬けなど、たくさんのナッツとフルーツが使用されています。

ローソン「ドライフルーツとナッツのカッサータ」の食べ方は?

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータパッケージの冷蔵庫から出してすぐ食べられると記載された部分の画像

ローソンの「ドライフルーツとナッツのカッサータ」は、冷凍庫から出してすぐに食べられる商品。

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータパッケージの食べ方が記載された部分の画像

冷凍庫から出してすぐ食べると、チーズクリームがシャキシャキとした食感で、アイスケーキのようです。

ナッツやドライフルーツもカリッとしっかりと主張します。

「固く感じられる場合は冷蔵庫で10分程度を目安に解凍し、お召し上がりください」との記載も。

冷凍庫から出した直後でもスプーンが刺さらないほど固いという感じではなく、サクッと食べられると思いますが、冷凍庫から出して冷蔵庫で5分~10分程置くと、クリームのシャキシャキ感はなくなりクリーミーでマイルドな食感

この“溶けているけど、かなり冷たい”という状態で食べるのが、クリーミーなケーキを食べているという感じで個人的には一番美味しかったです。

また「冷蔵庫で1~2時間を目安に解凍いただくと、食感の変化が楽しめます」とも表示されています。

1~2時間ほど冷蔵後で解凍すると、全体が調和し、さらにマイルドな印象に。

時間を置くほど、生クリームのようななめらかでふんわりとしたクリームに変化しますよ。

ローソン「ドライフルーツとナッツのカッサータ」の味は?

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータをスプーンですくった画像

リコッタチーズを使用したチーズクリームは、ヨーグルトのような酸味のあるまろやかなクリームで、ふんわりと軽い食感

本体のチーズクリームは甘さ控えめで口当たりも軽いため、ドライフルーツとナッツが引き立ち、いい感じにマッチしています。

下に敷かれたスポンジ生地も薄いですが、ふんわりして、ちゃんと存在感があり美味しいです。

年齢を問わず食べられる甘くておいしいスイーツですが、カリッとしたナッツとドライフルーツの存在感が結構あるので、どちらかというと“大人のデザート”という印象を持ちました。

少し小さめなので、もっと食べたい気持ちにもなりますが、贅沢な味わいのため少量でも満足感が高いデザートになっていると思います。

スポンサーリンク

ローソン カッサータはダイエット中でも大丈夫?糖質やカロリーは?

ローソン ドライフルーツとナッツのカッサータパッケージの栄養成分表示が記載された部分の画像

この「ドライフルーツとナッツのカッサータ」は、低糖質でダイエットにも最適と話題になっています。

栄養表示成分を見てみると

カロリー:84kcal
糖質:8.0g

です。

例えばグリコから販売されている、低糖質をうたったアイスクリーム「SUNAO(スナオ)」。

グリコのアイスSUNAOの商品画像
引用:江崎グリコ公式サイト

この「SUNAO」のカロリーと糖質は

カロリー:80kcal
糖質:8.0g

なので、ローソンのカッサータと似たような数値ですね。

このことから、ローソンの「ドライフルーツとナッツのカッサータ」も低糖質で、低カロリーなスイーツだと言えるので、ダイエット中の口さみしいときにも罪悪感なく食べれそうですね。

カッサータとカタラーナやセミフレッドの違いは?

「カッサータ」と「カタラーナ」は名前が似ており、間違えられることもあるようですが、カタラーナはクレームブリュレに似た、カスタードを使ったデザート。

▼ カタラーナ

カタラーナの画像

名前が似ているだけで、味わいは全く異なるデザートです。

また、同じイタリアのスイーツで「セミフレッド」というものがあります。

このセミフレッドは、見た目がカッサータに似ていることから間違えられたり、比較されることも多いようです。

▼ セミフレッド

セミフレッドの画像

このセミフレッドは、「セミ=半分」「フレッド=凍った」という意味を持ち、泡立てた生クリームにさらにメレンゲを合わせ、冷やし固めたもの。

カッサータよりも、空気感のあるふわっと軽い口溶けが特徴の、カッサータとは異なるスイーツです。

さいごに

この記事ではローソンの冷凍デザート「ドライフルーツとナッツのカッサータ」をご紹介しました。

ドライフルーツとナッツがふんだんに使用されたカッサータは、見た目も味わいも贅沢で、解凍具合によっていろんな食感が味わえるスイーツ。

低カロリーで低脂質とヘルシーなので、普段甘いものを控えているという方にもピッタリのスイーツです。

宝石箱のようにキラキラとしたローソンのカッサータ。

まだ食べてないという方は、ぜひ1度お試しください。

タイトルとURLをコピーしました