バターを常温保存できるバターベルって?夏の使用や衛生面、カビは?口コミもご紹介

バターを常温保存できるバターベルって?夏の使用や衛生面、カビは?口コミもご紹介暮らし

バター冷蔵庫で保管すると、トーストなどに使用する際に、冷えて固くなっているため塗りにくいと感じる方も多いかと思います。

この記事では、そんな冷えると固くて塗りにくいバターを常温保存できる容器「バターベル」をご紹介!

この容器で保管することで、バターが塗りにくいというストレスから一気に開放されますよ。

スポンサーリンク

バターを常温保存できるバターベルって?

バターを常温保存するために必要な商品がこの「Butter Bell(バターベル)」です。

バターベル カフェコレクションの商品画像
引用:Ocean Flyer公式サイト

このバターベルは、カリフォルニア州ロサンゼルスのL.Tremain社のバターケース。

まだ冷蔵庫が普及していない時代の、フランスのバターの保存技術を、洗練されたデザインで再現した商品です。

冷蔵庫のバターを常温保存できるので、いつでもクリームのように柔らかい状態で保存でき、トーストやパンケーキなどにもスムーズに塗ることができます。

バターベル カフェコレクションの商品画像(フタを取ったところ)
引用:Ocean Flyer公式サイト

バターベルは、一見するとフタがついた保存容器のようなデザイン。

フタの裏に、ベル型の形状の容器がついていて、この部分にバターを詰めます。

ベル状の見た目から、「バターベル」という名称に。

バターの空気接触面を水で遮ることで酸素に触れることがないので劣化せず、バターの風味と鮮度が保たれるという仕組みです。

バターベルでバターを常温保存できる仕組みを図解した画像
引用:Ocean Flyer公式サイト

高品質で耐久性の高いセラミックスで出来ており、丈夫で傷もつきにくく、食洗機にも対応。

デザインも上の写真のカフェコレクション以外に、下の写真のアンティークコレクションがあります。

バターベル アンティークコレクションの商品画像

色は写真のレッド、ホワイト以外に、ブルー、イエロー、ブラック、グレーなど、10種類以上の色のラインナップがあり、デザインもおしゃれ。

スポンサーリンク

バターベルの使い方

使い方はとてもシンプルです。

①100cc(器の1/3程度)の冷水をバターベルに注ぎます。

②常温で柔らかくした、約110gのバターをフタに詰めて、バターナイフやクッキングシート、ラップ等で、上からバターの中の空気を抜くように指でしっかり押さえます。

③あとはフタを容器に戻すだけ。器の水は2日に1度新鮮な冷水と交換してください。


実際に使用してみました!

バターベルのフタを外して…

バターベルのフタの構造を説明した画像

フタの裏のベル型の空洞部分にバターを詰めていきます。

バターベルにバターを詰めたところを紹介した画像

しっかり詰めたらこんな感じ。

これは7月の写真ですが、バターを数時間室温に置いておくとスプーンで簡単にすくえるほど柔らかくなり、あっという間に詰めることができました。

少し固さが残る場合も、スプーンの背などでしっかりと詰めていけば、空洞はできずに簡単に詰めれると思います。

バターベルの容器に水を入れた写真

水は100ccでちょうどいい感じです。

入れすぎるとベルを水に浸けたときに、容器から水が溢れるので入れすぎには注意!

バターベルの商品画像

あとはフタをして室内で保存するだけ。

使用する都度、すくって穴が開いた部分の表面をならしていくだけで、使い切るまで追加で補充することなく最後まで使用できます。

スプーンの背などで削りながら均すような感じで使用すれば、簡単にすくい取れて、同時に表面も滑らかな状態にすることができますよ。

途中水を変えるだけなので手間もかかりませんし、バターが必要な分だけスルッとすくい取れて、またパンなどに塗る際もスーッと伸びるので、本当に快適!

すべて使い切った後は、容器を洗浄して、完全に乾かしてからまた次のバターを詰めて使いましょう。

使い切った容器を洗浄する際も、セラミックで出来ているので、熱湯でさっとかけてバターを溶かして洗えるので楽ですよ。

バターが水で濡れて使えないのでは?と心配される方もおられるようですが、バターの油分がしっかり水をはじくので、問題なく使用することができます。

▼ バターベルを水を入れた容器から取り出した写真

バターベルに詰めたバターが水をはじいている様子を撮影した写真

水滴が少し付くことはありますが、バターがしっかり水をはじいています。

▼ メーカーが作成している使い方の動画がありました!(1分程度で見れます。)

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク

バターベルの夏の使用や衛生面、カビは?

バターベルを使用する際、暑い夏でも常温で使用できるのか?と気になる方もいらっしゃるかと思いますが、夏場でも暑すぎない場所であれば問題なく使用できます。

バターベルにバターを入れた状態で、一般家庭で常温で使用する際の理想的な温度は22℃前後と紹介されていますが、7月半ばの30度前後の室内でも全然溶けることなく使用できています。

30度以上の環境下ではまだ使用していませんが、30度ぐらいではまだ全然溶けそうな感じはありません。

バターベルと30度を表示した温度計

ただし、あまり室温が高くなりすぎると、ケースが熱くなり水温があがることで、バターが溶けて水の中に落ちてしまうという事例も過去にはあったよう。

クーラーがついている室内であれば夏場でも問題なく使用できると想像できますが、直射日光の当たる場所や、かなり高温になる環境であれば使用は避けたほうがよさそうです。

基本的にバターは腐りにくい食材ですが、水に長期間浸かっていない部分があれば、夏場カビが生えてしまったという事例もあるようなので、きちんと水に浸かるように水量を調節してください。

バターベルを使用したいけど、夏場の常温保管がどうしても気になるという場合は、夏場のとくに暑い時期だけ、冷蔵庫保管するのをおすすめします。

夏場の使用アイデアとしては、

・常温に置いたまま、氷などで冷やした冷水を使用しこまめに替える

・水を捨てて冷蔵庫にケースのまま保管し、使用する前に水道水を入れてしばらく置いておく(水道水の温度が夏場は高いため、バターが柔らかくなる)

・朝使用する場合、夜中暑すぎない時期であれば、寝る前に冷蔵庫から出しておく

という対応で、問題なく使用できることもありますよ。

ちなみに我が家は1日中クーラーをつけているという環境ではありませんが、朝バターを使用する際に1日1回水を交換しているだけで、溶けることもなく快適に使用できています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

バターベルを使用する際の注意点

バターベルは、バターの使用を前提に作られた商品です。

有塩のものでも、無塩バターでも使用できますが、マーガリンやクリームチーズには適さないのでご注意ください。

気温が暑すぎる場合や、寒すぎる場合は、溶けてしまったり、固くなる場合もあります。

また、バターを容器に入れる際には、空気が入らないように隙間なく詰め込むことが新鮮さを保つポイント。

隙間があると、保管時にバターが落ちてしまうこともあるので要注意です。

バターの常温保存容器はルクルーゼにも

似たように、常温保存できる容器が、鋳物ホーロー鍋でおなじみのル・クルーゼからも発売されています。


▼ この商品です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ル・クルーゼならではの、デザインでこちらも可愛いですが、バターベルの数倍とお値段も少しお高め。


同じ仕組みでバターを保存できる容器は、他にもありますよ。

▼ レトロなメイソンジャーのスタイルのもの


▼こんな大理石デザインのものも

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

どれも仕組みは同じです。

出しっぱなしで置いておくものなので、自分の気に入ったデザインのものが気持ちも上がるし、おススメです。

バターベルの口コミは?

Twitterにバターベルや類似商品の口コミがたくさんあったので、いくつかご紹介します。


このようにバターが好きだけど使いづらいから食べてないという方も多いですよね。
そんな方には、バターベルはピッタリ!



なめらかで、風味がいいだけでなく、見た目もおしゃれで可愛いのは最高ですね♪



バターベルのように常温保存できることを知らなかったら、確かに「えっ常温?」と思うかも。




手軽に使えて、ストレスが少ないので、使用量が増えるバター好きの方も多そうですね。



バター好きで、バターベル知ったら欲しくなりますよね。
バターをパンに塗るときの一番のストレスから解放される~♪

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

さいごに

この記事では、固くて塗りにくいバターを常温保存できる容器「バターベル」をご紹介しました。

特にトーストなどによくバターを使用するという家庭には、とても便利な製品だと思います。

バターは固いものという概念が変わり、忙しい朝でもさっとまんべんなく塗れるので、我が家でもとても重宝していて欠かせないものになりました。

ぜひバターベルを使って、バターがストレスなく塗れる幸せを感じてみてください。

タイトルとURLをコピーしました