郵便局 はがきデザインキットのインストール版終了!住所録や代替のサービスは?

郵便局 はがきデザインキットのインストール版終了!住所録や代替のサービスは?暮らし
スポンサーリンク

年賀状の作成に使用する人も多い郵便局のサービス「はがきデザインキット」

昨年まではソフトをインストールして年賀状が作成できる「インストール版」があったものの、今年から「ウェブ版」と「スマホ版」の2つのみの取り扱いとなり、今までインストール版を愛用してきた方達からの戸惑いの声が聞こえています。

そこでこの記事ではサービスの変更内容や、昨年までのインストール版に登録していた住所録の取り扱い、はがきデザインキットの代替サービスにはどのようなものがあるのかということについてご紹介します。

スポンサーリンク

はがきデザインキットの変更内容

はがきデザインキット

今年からはがきデザインキットのインストール版が廃止されてウェブ版とスマホアプリ版だけの提供になりました。

インストール版で出来たこと、ウェブ版・スマホアプリ版で出来ることは以下の通りです。

 インストール版ウェブ版スマホアプリ版
使用デバイスパソコンパソコンスマートフォン
デザイン660種類以上450種類以上300種類以上
通信面作成
宛名作成
住所録
ネット印刷
プリンター印刷
コンビニ印刷
代行投函
※はがきデザインキット2021より不可


インストール版との違いは、住所録の保存ができないことや、デザインの種類が少し減少したことで、他の機能は以前と変わらず利用可能です

とはいえ、インストール版を利用していた方にとっては、住所録を翌年まで保存したままにできないのは、手間が増えそうで残念ですね。

インストール版が終了したことで、住所録が使用できなくなったということを嘆く声がSNSなどでも見られました。

特に、この方のように喪中ハガキを早めに作成したいという方は、はがきデザインキットの住所録が使用出来ずに困っているようです。

はがきデザインキットのインストール版に登録していた住所録の扱いについてはどうなるのでしょうか。

以下でご紹介していきますね。

スポンサーリンク

はがきデザインキットのインストール版終了で住所録はどうなる?

住所録は、去年使用したはがきデザインキット2021が残っている場合、起動して住所録の書き出しのみ使用できます。

住所録の書き出しについては こちら に操作方法の説明があるので参考にしてみてください。

はがきデザインキットで住所録を書き出した場合、CSVファイルというデータファイルが作成されます。

今後年賀状の作成に『はがきデザインキット(ウェブ版)』を使用する場合は、 12月中旬(予定)に“CSVファイル取り込み機能”が追加予定となっているので、事前に書き出して置いたCSVファイルをウェブ版のはがきデザインキットに取り込んで宛名印刷ができるようです。

ただし、提供は12月中旬予定。

喪中はがきを作成したいなど、早めに利用したい場合は宛名面のみ別のサービスを利用しましょう。

もし来年以降の年賀状の作成に『はがきデザインキット(ウェブ版)』を使用せず、他のソフトやサービスを使用する場合でも、住所録をCSV形式でデータを取り込んでそのまま使用できるものも多いので、可能であれば昨年まで使用していたはがきデザインキットから住所録を書き出しておくことをおすすめします。

操作方法はこちら ⇒ はがきデザインキット 住所録データの書出


スポンサーリンク

はがきデザインキットのウェブ版は自宅で印刷できない?

はがきデザインキットのウエブ版を利用して、年賀状作成を進めると最終確認画面には「注文する」というボタンしか表示されていないので、自宅のプリンターでは印刷できないのではないか?と心配する声があるようです。

はがきデザインキットのウェブ版でも自宅のプリンターやコンビニで印刷することは可能です。

手順は、

  1. 確認画面にある「注文する」の下にある「保存する」をクリックして保存
  2. 画面右上にある「マイデザイン」をクリック
  3. 印刷した画像をクリックで選択
  4. 「自宅プリント」もしくは「コンビニプリント」を選択


「自宅プリント」を選択した場合は、年賀状のデザインや入力した宛先情報を自宅で印刷できるPDFファイルとして生成・ダウンロードすることができます。

その後、ダウンロードしたPDFファイルを自宅プリンターで印刷という手順になります。

「コンビニプリント」を選択した場合は、全国のセブンイレブンのマルチコピー機を使用して、手持ちのはがきに印刷することができます。

表示された「プリントの予約をする」ボタンをクリックすると、8桁のプリント予約番号を発行されるので、その予約番号をセブンイレブンのマルチコピー機に入力して印刷します。

はがきデザインキットの代替になるサービスはある?

はがきデザインキットのインストール版が終了したことに伴い、他のサービスを検討するという方もいるようです。

はがきデザインキットの代替になる年賀状作成のサービスとしては、

  • 完全無料のソフトやサービス
  • 年賀状作成ソフト・素材CD付き書籍
  • ネット印刷サービス

などが考えられそうです。

以下でいくつかご紹介します。

完全無料のサービスを利用

無料で使用できるソフトやサービスを3つご紹介します。

《はがき作家》

はがき作家

製品版「はがき作家 Professional」の機能限定版が『はがき作家 Free』として無料で利用できます。

宛名作成機能もあり、住所録の外部データ (CSV 形式)の取り込みも可能。

無料版は一部の機能が使えず、デザインテンプレートも「はがき作家 体験版」の文字が入るため使用できないものが多いですが、画像の取り込みは可能なのでインターネットでテンプレートなどの無料素材をダウンロードして使用することはできます。

文字や画像レイアウト機能は充分、かつユーザー登録が不要で試用期限もないので使い勝手はいいソフトです。

⇒ ルートプロ「はがき作家」

《おうちで年賀状屋さん》

おうちで年賀状屋さん

『おうちで年賀状屋さん』は、パソコン学習ソフトの開発や販売をおこなっている「がくげい」が提供している年賀状作成ソフトです。

有料版と無料版の提供があり、無料版では干支のイラストやスタンプなど800点以上の好きな素材を自由に組み合わせて、自分の好みに配置し、大きさや向きを調整するだけで簡単にオリジナル年賀状が印刷できます。

余計な機能がなく、宛名印刷やエクセルデータからの住所読み込みにも対応しています。

操作がシンプルなので、イラスト年賀状を作成したい場合にはおすすめですが、写真を使った年賀状を作成したい場合は、別のソフトを使うか、有料の「マイフォト版」(税込1,000円)を購入する必要があります。

⇒ がくげい「おうちで年賀状屋さん」

《Web年賀状キット》

Web年賀状キット

『Web年賀状キット』は、プリンターやミシンで知られるブラザーが提供している無料ソフトです。

Web年賀状キットは会員登録やソフトのインストールが不要で、ブラウザ上で操作できるので、気軽に年賀状が作れるという点で優れています。

約400種類の年賀状テンプレートからお好きなデザインを選べるほか、喪中はがきや寒中見舞いのテンプレートもあり、写真年賀状も作成可能。

また、宛名印刷や住所録(CSVファイル)を差し込むことも可能です。

スマホでは使用できず、使用できるのはパソコンのみとなります。

⇒ ブラザー「Web年賀状キット」

年賀状作成ソフト・素材CD付き書籍を利用

書店やコンビニで購入できる“年賀状作成ソフト・素材CD付き書籍”を購入するのもオススメです。

有料の年賀状ソフトの機能限定版で、干支などのテンプレートも充実しており、年賀状作成が簡単にできます。

掲載テンプレート以外の画像も利用できるので、1度購入すれば翌年からはネットで無料ダウンロードしたテンプレートなどを使用することも可能。

500円ぐらいで購入でき、インターネットでも購入できますよ。


ネットの印刷サービスを利用

自分で印刷するのが面倒だという方は、ネットの年賀状印刷サービスを利用するのもおすすめです。

自分で作成、印刷するより多少料金が高くなりますが、今は以前に比べて価格も随分安くなってきました。

注文枚数によってはプリンターのインクコストや、コンビニプリントのコストと大きく変わらないというものもあるので、比較してみてもいいかもしれません。

宛名印刷が無料で、料金が安いおすすめ年賀状印刷サービスを2つご紹介します。

《ラクスル》

デザイン数はあまり多くありませんが、価格が安くで、シンプルなサービスの「ラクスル」。

価格重視で選びたい方におすすめのサービスです。

ラクスルの特徴

  • 300点以上のデザインテンプレート
  • 約30,000点の無料画像素材を利用してデザイン作成が可能
  • オリジナルデータも印刷可能
  • スマホからも簡単デザイン作成
  • 宛名印刷(リストはずっと保存可能)が無料
  • ポスト投函代行も無料

忙しい方にとってはポスト投函までやってもらえるのはありがたいですね。


▼ サイトはこちらから

年賀状印刷なら激安ネット印刷のラクスル



《Cardbox(カードボックス)》

カードボックスの年賀状印刷サービスは、取り扱いのデザイン数が豊富で、作成スピードが速いです。

著名なデザイナーの限定デザインも多く取り扱っているので、他の人と被りたくないという方にもおすすめ。

Cardboxの特徴

  • 2022年版 寅年 年賀状デザイン2000点以上
  • 会員ログインで送料無料、宛名印刷や基本料金・印刷代金が全て0円
  • キャラクターやファンシーデザインも豊富
  • 昼12時までの注文で翌日出荷

5%OFFのクーポンがあったので、注文する際はご利用ください。

クーポン

5%OFFクーポン番号  cardbox2022


▼ サイトはこちらから

年賀状印刷「Cardbox」


まとめ

この記事では郵便局の「はがきデザインキット」について、サービスの変更内容や、インストール版に登録していた住所録の取り扱い、自宅での印刷、代替サービスにはどのようなものがあるかということをご紹介しました。

まとめると

  • インストール版からウェブ版に変わってもほぼ同内容の年賀状作成ができるが、宛名面に使用する住所録の登録・保存ができなくなった
  • ウェブ版では12月中旬(予定)から、CSVファイルの読み込みによる宛名印刷が可能。
    ダウンロード済みのインストール版(旧)からは、住所録のCSVファイル書き出しのみ可能
  • ウェブ版でも印刷パターンは変わらず「ネットプリント」「自宅プリント」「コンビニプリント」ができる
  • 代替サービスとしては「別の無料ソフトの利用」「年賀はがき作成CD付き書籍を利用」「ネット印刷サービスを利用」がある

はがきデザインキットのインストール版が利用できなくなったのは残念ですが、年賀状作成方法の選択肢はたくさんあるので、ぜひ快適に利用できる年賀状作成方法を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました