アタオの財布 寿命は短い?リモを3年半使った経年変化レビュー

アタオ リモルアン レビュータイトルレビュー

アタオ(ATAO)というブランドの財布を、ネットの広告で目にされたことがある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

アタオは素材や色も含め100種類以上の財布があるそうですが、色が鮮やかなものが多く、財布自体も薄いので、購入したいけど「すぐに汚くなるのではないか?」「どれぐらい丈夫なのか?」と気になる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回はアタオの財布の中から、リモ ルアンを購入し3年半使った感想を写真付きでレビューしますね。

アタオの財布は外観は異なっても、中の作りは同じなので、リモ ルアン以外のシリーズを購入しようと思っている方にも参考になる部分もあるかと思います。

購入を迷っていらっしゃる方の参考になれれば幸いです。

スポンサーリンク

アタオの財布 リモ ルアンとは

アタオの財布は神戸にある会社で製造・販売されている日本製の財布です。

大量生産ではなく、職人さんによって一つ一つ丁寧に作られてる商品

私が購入したリモ ルアンはレザーにクロコタッチのエンボスを施して染め上げたエナメルレザーが使われています。

全部で8色ありますが迷いに迷った末、購入したのはモカブラウン。

アタオと言えばリモ ヴィトロというステンドグラスデザインの財布が有名で、元々はリモ ヴィトロが気になっていたのですが、いろんな種類を見て口コミなども読むうちにリモ ルアンが気に入って購入しました。

広告のキャッチコピーに「もうほかのお財布には戻れません」とありまして…購入前は「オーバーな!」と思っていましたが、実際使ってみると納得の使い心地で、私ももう戻れなくなってます(笑)

スポンサーリンク

アタオの財布 寿命は短い?3年半使った経年変化

アタオ リモルアン 財布 正面全体写真
表側
アタオ リモルアン 財布 背面全体写真
裏側
アタオ財布の底の部分
財布の底の部分
アタオ リモルアン 財布 内側の画像
アタオ リモルアン 財布 内側の画像

色の変化ですが、購入時よりやや濃くなったような気もしますが、基本的にはあまり変化していません。

パイソン素材のリモ パイソンなどは年数と共に色が濃くなるようですが、リモ ルアンはエナメルコーティングされているのでそこまでの変化はないのかもしれません。

普通のレザーの財布は3年半も経てばそれなりに使用感も出てきそうですが、リモ ルアンは黒ずんだりすることもなく、とにかくツヤが綺麗なので、年数が経ってもそんなに使い古した感がないように感じます。

エナメルレザーということなので、エナメル専用のクリーナーで年1~2回程度ですが、ふき取っていることも多少は影響しているかもしれません。

この「M.モゥブレィ ラックパテント」というクリーナーを使ってふき取っています。


このクリームを柔らかい布にしみこませて、エナメル部分を磨くと汚れも落ちますし、ツヤもでますよ。

atao財布にエナメルクリームを塗布している写真
クリームを塗布したところ


革の部分や財布の内側についてはあまり古さは感じていませんが、一部使用感を感じる部分もあります。
金具の部分です。

アタオ リモルアン 財布 前面金属プレート写真

アタオの商品といえばこのゴールドプレート。
ゴールドのメッキ部分がやや色落ちして色が薄くなっている部分があります。

あとメインファスナーや後ろファスナーの金具も色が薄くなって、ムラになっている部分がありますね。

ゴールドの色が薄くなって、ややシルバー寄りの色に変化してきているという感じでしょうか。

あくまで新品と比べたときの印象であり、使用感は感じますが、けっして汚い色の落ち方ではないと感じます。

アタオ リモルアン 財布 背面 チャック金具写真

アタオの財布は1つ1つ職人さんが手作りしているため縫製はしっかりしていて、3年半使っていても糸がほどけたり、ファスナー部分が壊れたりということもなく、強度的にはまだまだ使える感じです。

スポンサーリンク

アタオの財布を使ってみた感想

コインケースのファスナーがないL字型と言われる財布を使ったのはこの財布が初めてです。
今まではコイン部分がファスナーやがま口で開け閉めする財布を使用していました。

本当にファスナーがなくて大丈夫かな?と思っていましたが、絶妙なサイズで、絶対硬貨が小銭入れから出ないように工夫されています。

財布から硬貨が飛び出さない工夫がされていることが分かる写真

メインのファスナーを開けるとすぐに全体を見渡せますし、スーパーなどでもお札だけでなく、すぐ硬貨も取り出せるので、本当に使いやすいです。

アタオ リモルアン 財布 開封時 上部から撮影した写真
財布を上からみたところです

ただ、ファスナーをあけっぱなしで最後までしっかり閉まっていないと、カバンの中で小銭が全部こぼれることもありますので注意してください。
私も何度かやりました…。

小銭入れのところにもカードを2枚入れることが出来るので、よく使うカードは取り出しやすいこの部分に入れています。

アタオ リモルアン 財布 前面カード入れ写真


この財布の中に硬貨15枚程度、紙幣数枚、カードをサイドポケット含めて18枚入れていますが、それでもこの程度の厚みで一般的な財布より薄いと思います。

アタオ リモルアン 財布 薄さ確認の写真

薄いのでかさばらず場所も取りませんし、中もスッキリしていて気持ちがいいです。
アタオの財布の良さであるこの薄さをキープしようと、こまめに中身を整理するようになりました。


私がアタオの財布を使っているのを見て、気にいって購入したお友達がいます。

購入前に「私財布の中身が多いんだけどアタオで入るかなぁ~」と見せてくれた財布は、レシートやらカードやらでアタオの財布の3倍ぐらいの厚さでしたが、アタオの財布を購入してからは、財布の中身を整理するようになったと喜んでいました。

その友達も今ではすっかりアタオファンで、財布以外にアタオのバッグを3つぐらい購入しています。

アタオがダサいという声もあるみたいで、もちろん好みじゃない方もいて当然だと思いますが、個人的にはそんな声も気にならないくらい満足を与えてくれる財布だと思っています。

購入時メインのファスナーに舵型のチャームが付いていたのですが、持ち歩いているときにチャームが切れて紛失してしまい、今は手持ちのタッセルチャームをつけています。

その舵型のチャームは楽天市場やヤフーショッピングの店舗「エルトゥーク」限定のデザインで、アタオの店舗や公式サイトで取扱いのある財布にはタッセルのチャームがついています。

舵型のチャームが好きという方、タッセルの方がいいという方、それぞれ見た目の好みもあると思うので、もし購入を検討されている方は両方見比べてみて、お好きな方を購入されてもいいかと思いますよ。

さいごに

アタオの財布リモ ルアンですが、3年半使い続けた今も比較的きれいな状態を保てているかなと思います。

風水などでは3年に1度買い替えた方がいいという話もあり、この財布を買う以前は定期的に買い替えていました。
3年も経てばそれなりに使用感が出ていたことも、買い替えの原因としてありました。

しかしこの財布は、劣化も金具の色落ち以外は特に気になる点がないのと、財布自体をとても気に入っているので、もうしばらく使っちゃいそうです。

そして次も、使い勝手の良さからまたアタオの財布を購入してしまうと思います。

アタオの財布の使い勝手はとても良いと感じるので「外観は好みだけど、使い心地はどうなんだろう」と購入を迷っている方にはぜひおすすめしたい商品です。

アタオはオンラインストアの他に実店舗が国内都市部に6店あります。
レザーを使用した商品で商品の個体差もあるようなので、可能でしたら店舗に行って実物を一度手に見てみるのをおすすめします。



【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました