※当サイトは記事内に広告を含みます

PayPay(ペイペイ)の本人確認は必要か?本人確認の危険性やメリット・デメリットを解説

PayPay(ペイペイ)の本人確認は必要か?本人確認の危険性やメリット・デメリットを解説 ウェブ・アプリ
スポンサーリンク

キャッシュレス決済サービス「PayPay」の利用にあたり本人確認を求められ、登録したほうがいいのか迷っているという方も多いかと思います。

この記事では、PayPayの本人確認の必要性や、危険性、メリット・デメリットなどをご紹介!

登録するメリットも多くありますが、危険性やデメリットなどが気になって登録していないという方もいるかと思いますので、記事を読んで登録の判断の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

PayPayの本人確認は必要か?

本人確認書類を掲示している女性のイラスト

PayPayの本人確認は必須ではありません。

本人確認をしなくても街のお店やネットショッピングなどで利用することができます。

また、本人確認していなくてもPayPay間のお金の送受信も可能。

このように本人確認しないままでも基本的な利用はできますが、PayPayをよく利用する方であれば、本人確認をしたほうが出来ることが増えて便利に利用できるというメリットがあります。

具体的には、PayPayの本人確認を完了すると以下のことができるようになります。

  •  PayPayに銀行口座を新規登録できる
  •  PayPay残高に銀行口座からチャージできる
  •  PayPayマネーを利用できる
  •  PayPay残高を銀行口座に送金することができる
  •  PayPayあと払いの支払い上限を上げられる
  •  特定のキャンペーンへの参加ができる

以下で1つずつ詳しくみていきます。

PayPayに銀行口座を新規登録できる

PayPayの本人確認を完了すると、銀行口座を登録できるようになります。

銀行口座を設定しておくと登録銀行口座からPayPayの残高にチャージしたり、銀行口座への送金ができたりと便利に利用することができます。

※ 以前「顔認証と身分証明書による本人確認」の手続きをしたことがあるユーザーは、本人確認をしなくても銀行口座登録が可能な場合があります。


PayPayの残高に銀行口座からチャージできる

PayPayの本人確認を完了すると、銀行口座からPayPay残高にチャージできるようになります。

現在PayPayのチャージ方法には以下のものがあります。

  •  銀行口座からチャージ
  •  ヤフーカードからチャージ
  •  コンビニATMから現金でチャージ
  •  まとめて支払いからのチャージ
  •  ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からのチャージ
  •  PayPayあと払いからのチャージ

上記には、本人確認しなくてもチャージできる方法もありますが、PayPayカードが必要だったり、コンビニのATMまで行く必要があるなど制限や手間がかかることも。

銀行口座を登録しておくと、手数料無料でいつでもかんたんにチャージできるので、急に残高が不足したというときでも安心です。

※ 以前「顔認証と身分証明書による本人確認」の手続きをしたことがあるユーザーは、本人確認をしなくてもチャージができる場合があります。


PayPayマネーを利用できる

PayPayの本人確認を完了すると、PayPayマネーを利用できるようになります。

PayPayマネーとは

銀行口座へ払い出し(出金)できるPayPay残高。

本人確認後に次の方法でチャージした残高がPayPayマネーになります。
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

PayPayマネーの他に、PayPayマネーライトという銀行口座へ払い出し(出金)できないPayPay残高もあります。

本人確認前に銀行口座やセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高、「送る・受け取る」機能で受け取った残高はPayPayマネーライトとなります。

多くの加盟店では両方利用できますが、「Amazon」などPayPayマネーしか利用できないサイトもあるので、PayPayマネーが使えると利用できる加盟店が増えて便利です。

※ 本人確認前から保有しているPayPayマネーライトは、本人確認を行ってもPayPayマネーには変わりません


PayPay残高を銀行口座に送金することができる

PayPayの本人確認を完了すると、PayPay残高を銀行口座に送金することができるようになります。

「チャージしすぎた」「大きい金額をPayPayで受け取った」など、残高として使いきれない時に銀行口座に送金できるのは便利ですね。

ただし送金できるのはPayPayマネーだけ

以下の残高は出金できないので、注意してください。

出金できないもの

付与方法
PayPayマネーライトPayPayカードや、PayPayあと払い、まとめて支払いなどによるチャージ
PayPayポイントキャンペーンや特典などによって付与
PayPayボーナスライトヤフー関連サービスやキャンペーンで付与


PayPayあと払いの支払い上限を上げられる

PayPayの本人確認を完了すると、PayPayあと払いの支払い上限を上げられるようになります。

PayPayあと払いの上限金額は以下のとおり。

本人確認未完了の場合
過去24時間:10万円
過去30日間:10万円
本人確認完了済みの場合
過去24時間:50万円
過去30日間:200万円


本人確認未完了でも10万円まで利用できるので、あまり利用しない方であれば上限は気にしなくてもよいでしょう。

頻繁にPayPayあと払いを利用したり、高額の買い物をするという方は、本人確認をしておいたほうがいいかもしれません。


特定のキャンペーンへの参加ができる

PayPayでは様々なキャンペーンが実施されていて、一部のキャンペーンでは本人確認が参加条件となっていることもあります。

また、本人確認をすることで、キャンペーンにお得に参加できることも。

例えば「ペイペイジャンボ」では本人確認を設定していると当選確率がアップするなどのメリットがあります。

\ 本人確認のやり方はこちら /


PayPayの本人確認についての紹介動画もあります(90秒で見れます)


スポンサーリンク

PayPayの本人確認しないとどうなる?

PayPayの本人確認を行わない場合は上記で案内した、以下のことができません。

  •  銀行口座の新規登録
  •  PayPay残高への銀行口座からのチャージ
  •  PayPayマネーの利用
  •  PayPay残高の銀行口座への送金
  •  PayPayあと払いの支払い上限の引き上げ
  •  特定のキャンペーンへの参加


このように、本人確認をしないとPayPayのメリットを最大限に受けられなくなります

また、PayPayでは、利用規約に違反した場合や、不正利用が疑われる場合などには、アカウントの停止や利用制限が行われることがあります。

その際、本人確認を行っていない場合は、アカウント停止や利用制限が行われる可能性が高くなります


スポンサーリンク

PayPayで本人確認をすると危険性はある?

コンピューターウィルスに侵入されそうなパソコンのイラスト

結論から言うと、PayPayで本人確認をする危険性は少ないと考えられます。

PayPayで本人確認を行う際には

  • SMSを活用した2段階認証
  • eKYCを活用した本人確認
  • クレジットカードや口座番号等の暗号化

など、個人情報の保護に十分な注意が払われています。

むしろセキュリティアップにより不正利用の防止の効果が見込めるため、安全性の観点から言えば本人確認をするのがおすすめです。

ただし、本人確認をする際に以下のような点には注意が必要です。

偽の情報を提供すると法的な責任が発生する可能性がある
本人確認に必要な情報を偽って提供することは、法的な責任が発生する可能性があります。また、利用規約に違反する行為となるため、アカウント停止や利用制限が行われる可能性もあります。
フィッシング詐欺に注意する
本人確認を行う際に、PayPay公式のウェブサイトやアプリ以外からの誘導に注意が必要です。フィッシング詐欺による偽のサイトに誘導されたり、偽のアプリをダウンロードさせられることがあります。
機密情報を保護する
本人確認に必要な機密情報(例えば、パスポート番号や個人番号)は、第三者に知られることがないように保護する必要があります。パスワードやセキュリティコードなども漏洩しないように注意しましょう。

本人確認の際は以上の点に注意しつつ、正しい手順で本人確認を行うことが重要です。


スポンサーリンク

PayPayで本人確認をするメリットとデメリット

メリットとデメリットを考えている女性

Paypayで本人確認をするメリットとデメリットにはそれぞれどのようなものがあるかご紹介します。

本人確認をするメリット

PayPayで本人確認をするメリットとしては、

  • 出来ることが増える
  • セキュリティが強化がされる

これまでご紹介したように、本人確認をすることで、銀行口座からPayPay残高にチャージできたり、利用限度額が増えたり、キャンペーンの恩恵を受けたりと、出来ることが増えるというメリットがあります。

また、PayPayアカウントのセキュリティが強化され、不正アクセスや詐欺被害から保護される可能性が高くなり、より安全に利用することが出来るようになるメリットがあります。


本人確認をするデメリット

PayPayで本人確認をするデメリットはあまりないと考えられますが、デメリットとして考えられるのは以下のものです。

  • 登録時に手間がかかる
  • 審査に時間がかかる

デメリットとして、本人確認登録時に手間がかかるということがあります。

本人確認の際に、なかなか確認物を読み取れなかったり、審査に落ちて再度本人確認が必要となる場合も。

スマホの機種やカメラによっては読み込めない場合もあるようです

ちなみにPayPayの本人確認で使える証明書は以下の3つ

  • マイナンバーカード
  • 免許書
  • 運転経歴証明書

健康保険証は利用できないので注意してください。

また無事本人確認を提出できても、その後の審査に時間がかかる場合があります。

もし目的があって本人確認する場合は、間に合うように余裕をもって手続きを済ませるようにしましょう。


PayPayの本人確認が済んでいるかの確認方法

「果たして自分は本人確認できているのか?」「本人確認を申請したが審査に無事通ったの?」と気になる方のために、PayPayの本人確認が済んでいるかの確認方法をご紹介します。

PayPayの本人確認が済んでいるかの確認方法を示したイラスト

① PayPayホーム画面下部にある[アカウント]を選択します。

② アカウント名の下に[本人確認済み]の表記があれば本人確認済みです。

※ 本人確認が済んでいない場合は[本人確認済み]の表記の部分に[本人確認未完了]と表示されます。

\ 本人確認のやり方はこちら /


さいごに

この記事では、PayPayの本人確認についての必要性や、危険性、メリット・デメリットなどをご紹介しました。

PayPayの本人確認はしなくても利用することができますが、本人登録したほうが「できること」が増えるだけでなく、セキュリティ面での安全性が高くなり、不正利用の防止につながるというメリットがあります。

もし迷っているのであれば本人確認をすることをおすすめします。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました