Twitterは孤立感を感じやすくLINEは満足感や幸福感!?調査結果にTwitterの声は?

Twitterでつぶやく人は孤立感 LINEを使う人は心の健康状態がいい…にTwitterの声は?話題

無料通話アプリのLINEを頻繁に利用する人は精神的な満足感や幸福感といった心の健康状態が良く、Twitterでつぶやく人は孤立感を感じやすいということが、東京健康長寿医療センター研究所の調査によって明らかになったと発表されました。

スポンサーリンク

Twitterは孤立感…の調査内容

この調査についての東京健康長寿医療センター研究所の発表は以下のようなものです。

健康維持には他者との交流がとても重要であることは以前からわかっていたものの、この交流がSNSのようなオンライン上の交流であっても有効であるかについては明らかではなかったとして、今回LINE、Facebook、Twitter、Instagramの4つのSNSについて、東京都在住の無作為に抽出した21,300人に郵送による住民調査を実施したもの。

回答を得られた18歳から97歳の定期利用者(週に数回以上利用)8576人の、使用頻度と精神的な健康状態、悩み・抑うつ傾向について調査をし、その回答の結果は以下のようなものでした。

若年者(18〜39歳)ではInstagramの定期閲覧、中年者(40〜64歳)ではFacebookの定期発信、高齢者(65歳以上)ではLINEの定期利用がより高い幸福度と関連していたそうです。

また若年者(18〜39歳)ではInstagramを定期閲覧、中年者(40〜64歳)ではLINEを定期発信している者ほど悩み・抑うつ傾向が低い傾向が見られたとのこと。
その一方で、若年者と中年者(18歳~64歳)においてTwitter定期利用者ほど悩み・抑うつ傾向が強くなる傾向が見られたとのことでした。

特に、中年者(40〜64歳)のTwitter定期利用者では3割近くの人が、また高齢者(65歳以上)でTwitterを定期発信している者では4割を超える人が孤立感を感じているとの回答だったそう。

Twitterに関しては、どの世代においてもプラスの効果は見られなかったそうで、Twitterの頻繁な使用によってすべての世代で、苦痛を感じるまたは孤独感と関連していたそうです。

その理由としては、Twitterでは誹謗中傷が多くみられるとし、理由として匿名性が高いなど、Twitterの性質を反映している可能性があるということでした。

また調査結果をうけて、以下のようにも発表されています。

本研究は1時点の関連性を調べた調査であり、「このSNSを使っていると精神的に健康になる」という因果関係を示したものではなく、SNSの利用頻度別に、利用者の精神的健康度の特徴(SNS利用と精神的健康度の関連性)を示した研究結果であるため、その解釈には注意が必要です。世代間のSNS利用率のばらつきなど等(高齢者層のSNS利用率の低さ)や個別性(SNSの利用目的)を含め、引き続き検証が必要な結果ではありますが、本研究の結果は、顔の見えるSNS(LINEやFacebook)や肯定的なイメージのやりとりが生じるSNS(Instagram)であれば、精神的な健康の維持に役立つ可能性を示しています。他方で匿名性と自由度の高いSNS(Twitter)であればその逆の危険性を含んでいる可能性を示唆しています。またSNS以外のコミュニケーション(対面での会話や電話)頻度も全世代を通じて精神的健康に関連していたことから、バランスのとれたSNS利用が必要であるといえます。

東京都健康長寿医療センター研究所

スポンサーリンク

Twitterでつぶやく人は孤立感へのTwitterの声

「LINEを使う人は心の健康状態がよくて、Twitterを使う人は孤立感を感じやすい」というニュースを見て、Twitterでは以下のようなつぶやきが見られました。


納得している人もいる一方で、反論の声も多くみられました。
確かにTwitter利用者からすれば「なんで?」という気持ちになりそうですね。

LINEが心の健康によいと発表されている点から、「ヤフーとLINEの経営統合によるソフトバンクの印象操作なのでは」という声までありました。

上記はTwitterユーザーの声ですが、Twitter以外のネット上の声などを見ると

不特定多数を相手にしているTwitterと特定の相手との連絡を取り合うLINEでは、そもそもの利用目的が違いすぎて比べるのはおかしい

LINEの方が既読スルー問題で病む人が多い

Twitterやっている人は、LINEも使ってる人多いだろ

比較するのが間違いで、因果関係が疑わしい

などという声があがっていて、この調査結果に疑問を持つ人も多くみられました。

確かに、無作為に抽出した8600人程度の人の回答だったとしても「LINE」と「Twitter」では目的も、利用率も全く違うので、一概に比較するのはどうなのかな?という疑問が残りますね。

高齢者で特に、Twitterの利用が多い人のほうが「孤立感」が高かったとされていますが、コロナ渦でステイホームを余儀なくされている現在は高齢者で孤立感を抱く人は多くなっていると想像されます。

そういった高齢者がTwitterを利用してコミュニケーションを図ろうとすることも考えられますし、時期的なものもあるかもしれません。

またLINEの利用が幸福感・満足度につながるという結果においても、「そもそも心が不健康な人はLINEを使わない」という声も聞かれ、LINEを利用することで心の健康に~ということでなく、心が健康な人がLINEを頻繁に使用しているということかもしれませんね。

スポンサーリンク

さいごに

この記事では、LINEを頻繁に利用する人は精神的な満足感や幸福感といった心の健康状態が良く、Twitterでつぶやく人は孤立感を感じやすいとの発表について、Twitterなどのユーザーの声をご紹介しました。

Twitterの利用によって、孤立感を感じやすくなるかどうかはなんともいえませんが、Twitterは元々興味や関心でつながるツールのため、LINEと比べると直接の知り合いとやり取りする頻度は圧倒的に少なくなりますよね。

そういう意味ではLINEのほうが親しい人とのコミュニケーションが多い分、満足感や幸福感を得られやすいということは考えられるかもしれません。

SNSは今後も増えていくと思われますし、心の健康を保ちつつうまく付き合っていけるよう、気を付けながら使用したいものですね。


タイトルとURLをコピーしました