スマートねんがの料金や使い方!LINEで送れる年賀状

スマートねんがの料金や使い方!LINEで送れる年賀状ウェブ・アプリ
スポンサーリンク

日本郵便が2021年12月8日、通信アプリのLINE(ライン)を使ってデジタル年賀状送れるサービス「スマートねんが」を始めました。

この「スマートねんが」では、写真や音声、動くスタンプの挿入や動画の年賀状なども作成でき、LINEの宛先が分かれば住所を知らなくても年賀状を送ることができます。

またLINE上で送るだけでなく、実際にはがきに印刷したものを送ることも可能。

この記事では、スマートねんがの料金体系や、使い方(始め方)をご紹介します。

スポンサーリンク

スマートねんがの料金 無料で送れる?

スマートねんがは無料のサービスではなく、有料のサービスになります。

使えるデザインテンプレートの数によって料金が異なり、内容は

  • トライアルアップ:5種 200円
  • ベーシックパック:20種 300円
  • プレミアムパック:30種 500円
    ※すべて税込

となっています。

この料金は1枚ごとにかかるものではなくて、1度購入したら何度でも使用でき、翌年1月1日から2月4日まで送り放題の定額制

スマートねんがは印刷して投函してもらうことも可能で、その場合は1枚あたり230円(税込)の料金が別途必要になります。

このように有料のサービスですが、年賀状パック未購入の方に限り「体験版」を無料で使用することはできます。

この「無料体験版」では、スマートねんがのデザイン作成のお試しなど、編集機能を無料で体験することができますよ。

ただし、無料で作成はできるものの、実際に送りたい場合には、「年賀状パック」の購入が必須になりますのでご注意ください。

「無料体験版」では「5点」まで作成したデザインを保存でき、保存したデザインは、「年賀状パック」購入後も引き継がれるので安心です。

スポンサーリンク

スマートねんがの使い方

このサービスはLINEを使って年賀状を作成したり、送ったりできるサービスです。

そのため、スマートねんがアカウントをLINEに友達登録してから使用します。

スマートねんがの登録方法

ますLINEにスマートねんがアカウントを登録します。

▼ ここから登録できます

⇒ スマートねんがアカウントを友達に追加


LINEをインストールしていれば、LINEのスマートねんがアカウントの友達追加画面が開くので「追加」をタップして、友達追加します。

スマートねんがの登録方法1



追加されたら「トーク」画面を開きます。

スマートねんがの登録方法2



トーク画面が開いたら「年賀状をつくる」をタップ

スマートねんがの登録方法3



認証画面が表示されたら「許可する」を選びます。

スマートねんがの登録方法4



右側のボタンをタップして画面をスライドさせていきます。

スマートねんがの登録方法5



スライドさせていくと「利用規約」と「個人情報保護方針」が表示されるので確認の上、「同意する」の□をタップしてチェックを入れ、赤いスタートボタンを押すと使えるようになります。

スマートねんがの登録方法6


年賀状の作成方法

年賀状を作成するには、スマートねんがトップ画面の「新しく年賀状をつくる」ボタンを押して作成スタート。

年賀状の作成方法1



最初に3種類の年賀状パックから、購入したい年賀状パックを選択してご購入ください。

年賀状の作成方法2



支払いには「LINE Pay」か「クレジットカード」払いが選べます。

年賀状の作成方法3



購入後に「新しく年賀状を作る」の中の「使える年賀状」に購入したテンプレートが表示されるので、使いたいテンプレートを使用して、年賀状を作ることができますよ。

年賀状の作成方法4
年賀状の作成方法5



デザインを選択すると、編集画面が表示されます。

下部のメニューボタンから、テキストやスタンプ、写真や動画の挿入をして自分だけのオリジナル年賀状を作成してください。

年賀状の作成方法6




作成後に実際に送られる年賀状のイメージはこんな感じです。

スマートねんが作成後に実際に送られる年賀状のイメージ
引用:日本郵便株式会社

実際のはがきで送りたい場合は、相手が住所を入力することで自動的にはがきが送られる仕組みなので、送り手は送付先の住所を知らなくても送ることができます。

もらった年賀状や、送った年賀状は年度ごとに整理して保存できますよ。


「スマートねんが」を簡単に紹介している公式の動画がありました(1分20秒で見れます)。

スポンサーリンク

さいごに

この記事では、スマートねんがの料金体系や、使い方(始め方)をご紹介しました。

近年、はがきで年賀状を作成する人が徐々に減少し、LINEやメールで済ませるという人も増えていますが、この「スマートねんが」を使用すればLINEの文面だけよりも特別な感じが出て、またひと味違った年始の挨拶になりそうです。

音声付き動画の年賀状も送ることが出来るので、遠方の家族や友人などに近況を送るのにもピッタリですね。

今までにない面白いサービスなので、ぜひ登録して使ってみてください。

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました