パパッと育児@赤ちゃん手帳 泣き声診断の口コミを調査!/ベビーテックアプリ

パパッと育児@赤ちゃん手帳 泣き声診断の口コミを調査!/ベビーテックアプリ子育て
スポンサーリンク

テクノロジーを駆使して子育てを手助けする製品「ベビーテック」に注目が集まっています。

そのベビーテックのアプリ「パパッと育児@赤ちゃん手帳」の機能である「泣き声診断」も赤ちゃんのパパ・ママからの支持を得て大人気になっています。

この「泣き声診断」は、赤ちゃんが泣いたときの声をアプリが判別し「眠い」「お腹すいた」などの理由を教えてくれるんです。

そこで、この記事ではベビーテックアプリ「パパッと育児@赤ちゃん手帳」って実際どうなの?という方向けに、このアプリの人気機能である「泣き声診断機能」を実際に使用したパパ・ママの口コミや、アプリの概要についてご紹介します!

赤ちゃんが泣き止まなくて困ってる~という方の参考になれば。

スポンサーリンク

パパッと育児@赤ちゃん手帳 泣き声診断の口コミ

Twitterには、このアプリ「パパッと育児@赤ちゃん手帳」についてたくさんのツイートが投稿されていました。

一部ご紹介します。


Twitterには、このように「当たっててすごい!」というツイートがたくさん投稿されていました。

“授乳したばかり”や“寝て起きたばかり”で、また“お腹すいた”や“眠い”はないだろうと思っていても、アプリで表示されたとおりに対応すると、泣かなくなった~という声も!

赤ちゃんとの生活は忙しく大変なことも多いので、このようなアプリで気持ちに少し余裕ができると嬉しいですよね。


中にはこんなツイートも。


確かに“眠い”や“お腹すいた”はその後の対応が分かりやすいけど、“怒っている”だと「何に怒ってるの???」となりそうな気も(笑)

でも、こんな気付きがあったママもいたそうです。


これもアプリで鳴き声が「怒っている」と分かったからゆえの学びですね。

スポンサーリンク

パパッと育児@赤ちゃん手帳とは?

「パパッと育児@赤ちゃん手帳」は主に0歳〜6歳児の子育てをサポートするために作られた育児メモアプリ。

サイトURL:    http://papaikuji.info/

子供の生活記録をスマホで手軽に記録でき、記録したデータをグラフなどで「見える化」してくれるアプリなんです。

育児の記録は、パパママ間や、保育所など複数人で共有することも可能。

パパッと育児@赤ちゃん手帳の概要を紹介した画像


このアプリに搭載された「泣き声診断機能」が、赤ちゃんの泣き声をAIで分析してくれる機能。

泣いている理由を「お腹が空いた」「眠たい」「不快」「怒っている」「遊んでほしい」の5つの分類で提示してくれるんです。

モニターユーザー20万人以上の赤ちゃんの泣き声を解析して独自のアルゴリズムを構築。

結果の精度はどんどん高まっていて、現在では8割以上の正解率となっているそうですよ!

それ以外にも、このアプリでは「夜泣きの頻度」を分析してくれる機能も。

同年代の赤ちゃんの中で上位30%以上の頻度で夜泣きをしていると、「夜泣きアラート」が出るようになっていて、自分の子どもの夜泣きの頻度が多いのかどうかを客観的な統計データとして示してくれるそう。

自分の子供が夜泣きが多いと客観的に見れることで、夜泣きをしたらパパも夜中起きてミルクを作ったり、抱っこするなど協力してくれるようになったという家庭もあるそうです。

無料で利用できるアプリですので、利用してみたい方は以下からダウンロードしてみてください。

(対応機種: iPhone4S以降、Android4.0以降)

▼ Androidの方はこちらからどうぞ

パパッと育児@赤ちゃん手帳(GooglePlay)


▼ iOS(Apple)の方はこちらからどうぞ

パパッと育児@赤ちゃん手帳(AppStore)


赤ちゃんと過ごすことが多いママだけでなく、今までは泣いたらママまかせだったパパのアプリ利用も増えているそうですよ。

スポンサーリンク

さいごに

この記事では、ベビーテックアプリ「パパッと育児@赤ちゃん手帳」の泣き声診断機能を使用したパパ・ママの口コミや、アプリの概要についてご紹介しました。

子育てでストレスを感じる一番の要因は、赤ちゃんの泣き声だと言います。

その泣き声の原因がアプリで分かって泣き止んでくれたら、パパママのストレスも減るし、言葉を話せない赤ちゃんも気持ちが通じて嬉しいですよね。

そんな泣き声についての悩みを解決してくれる便利なアプリ「パパッと育児@赤ちゃん手帳」をぜひ1度使ってみてください。


【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました