ゆうちょ銀行の小銭入金手数料はいつから導入?改定でいくらかかる?

ゆうちょ銀行の小銭入金手数料はいつから導入?改定でいくらかかる?生活の知恵
スポンサーリンク

今まで小銭の預け入れを無料で受け付けていたゆうちょ銀行ですが、2022年より小銭を伴う預け入れや払い出しの際に手数料を徴収することを発表しました。

そこでこの記事では、ゆうちょ銀行の小銭入金の手数料が導入される具体的な時期や、手数料の金額をご紹介します。

また、他の金融機関の小銭入金手数料の金額や、この発表についてのSNSの反応もご紹介しています。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の小銭入金手数料はいつから導入?

2022年1月17日(月)より、窓口における預け入れや払い込みなど各種手続きの際に手数料がかかるとされています。

一部義援金の払い込みのみ対象外とされていますが、それ以外のすべての取引、例えば個人の小銭貯金や、神社の賽銭などにもかかる手数料となります。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の小銭入金手数料改定でいくらかかる?

ゆうちょ銀行の窓口における預け入れや払い込みなど各種手続きの際にかかる手数料は、以下のように設定されます。

硬貨枚数料金
1~50枚無料
51~100枚550円
101~500枚825円
501~1,000枚1,100円
1,001枚以上  以降500枚毎に550円加算 


また、ゆうちょATMも同様に「ATM硬貨預払料金」を新設し、ATMを利用した預け入れ・払戻しに硬貨を伴う場合は以下の手数料がかかります。

預け入れの場合は

 硬貨枚数     料金    
1~25枚110円
26~50枚220円
51~100枚330円

硬貨を伴う払戻しは1枚以上で一律110円となります。

スポンサーリンク

他の金融機関の小銭入金手数料

ゆうちょ銀行は今まで無料でしたが、大手銀行などでは、すでに小銭の入金手数料を徴収しているところが多くありました。

硬貨を数えることに手間やコストがかかるという理由によるものからです。

参考までに、大手3行は2021年12月現在以下の手数料がかかります。

銀行名枚数手数料
 三菱UFJ銀行  101~500枚  550円 
みずほ銀行101~500枚550円
三井住友銀行301~500枚550円


枚数によってはゆうちょ銀行よりも安くなるものもありますが、手数料としてはいずれも高めの設定になっています。

すべて1円玉だと手数料のほうが高くなってしまう計算に…!!

ゆうちょ銀行小銭入金手数料にSNSの反応は?

今回のゆうちょ銀行の小銭の入金手数料徴収のニュースを受けて、SNSでもその話題に触れている人がたくさんいましたので、一部ご紹介します。

このように戸惑いや、残念という声が多くありました。

楽しみにしていた小銭貯金を辞めようかなという声も…。

来年からは1円玉貯金774枚を預け入れると、手数料が1,100円かかりマイナスに!!

このような「100万貯まる貯金箱」や「10万貯まる貯金箱」などの大金が貯まる貯金箱も、今後は売れにくくなるかもしれませんね…。

手数料で減ってしまうのであれば、このように自分でちょこちょこ使用するほうがよさそう。

さいごに

この記事では、ゆうちょ銀行の小銭入金の際の手数料が導入される時期や手数料の金額、他の金融機関の小銭入金手数料の状況や、この発表についてのSNSの反応をご紹介しました。

SNSの投稿を見ると小銭貯金をやっている人はかなり多いようで「手数料導入は残念だ」という声は多く、「小銭貯金が生きがいなのにつらい…」という方も見かけました。

今回の改定は本当に残念ですが、手間やコストがかかることや、時代の流れを考えると仕方ないのかもしれません。

スポンサーリンク
生活の知恵
ちえブログ
タイトルとURLをコピーしました