山中伸弥教授のiPS細胞やがんを治すワクチンについてのインタビュー/あさチャン!

山中伸弥教授のiPS細胞やがんを治すワクチンについてのインタビュー/あさチャン!テレビ
スポンサーリンク

2021年7月22日放送のTBS「あさチャン!」で放送された、夏目三久さんの山中伸弥教授へのインタビュー「コロナ治療薬・がんワクチン最前線」についてご紹介します。

京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授は、細胞の培養によって人工的に作られた、さまざまな組織や臓器の細胞になれる能力を持つ細胞であるiPS細胞の作製に成功し、2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞しています。

この記事では、あさチャン!で紹介された「世界が期待しているコロナの治療薬、そしてガンを治す世界初のワクチン」についての夏目さんによる山中伸弥教授へのインタービューをご紹介します。

スポンサーリンク

日本初のコロナ治療薬の最前線

夏目さん 「コロナとの戦いからもう1年半経とうとしてるわけですよね。コロナとの戦いは長期戦でマラソンのようだと考えて下さいと発信されましたが今どの辺りまで来てるんでしょうか?」


山中教授 「非常に良いワクチンが出来て、ようやくトンネルの向こうに光が見えてるとは思うんですが、トンネルを一回抜けてもまた向こうにもトンネルがあるんじゃないかとか、1つはワクチンの効果がどれぐらい続くのか未だにわかっていないですね。

あとはやっぱり変異型ですね。(デルタ型は)ワクチンの効果を減弱させることが分かっていますので、今後新しい変異型が出る可能性は十分にあると思いますから。

この二つが読めないので、また次のトンネルがあり得るということは想定の範囲内だと思っています。」


夏目さん 「予防という意味では今ワクチンが世界各国で普及、そして皆さんに摂取されてきてますけれども」 


山中教授 「やはり一番求められているのはこのウィルスに特化したといいますか、コロナウイルスだけにものすごく効果がある薬、しかも、できたら注射じゃなくて飲み薬にできたら本当にいいですから」

スポンサーリンク

 iPS細胞を使った日本初のコロナ治療薬開発がスゴイ!

京都大学ウイルス再生医科学研究所は、現在藤田医科大学との共同研究で、キラーT細胞を使った新型コロナウイルスの治療薬の開発に挑んでいるそう。

その治療薬の鍵を握っていたのは山中教授が発見したiPS細胞だそうです。

京都大学ウイルス再生医科学研究所の河本宏副所長のお話によると、iPS細胞を材料としてそこから再生したキラーT細胞を新型コロナウィルスの治療薬として使おうということを考えているとのこと。

キラーT細胞はウイルス感染細胞を殺すためにいる細胞で、最終的にウィルス疾患を治してしまう切り札となる細胞。

キラーT細胞はウイルスに感染した細胞を探し出して破壊する力を持っており、キラーT細胞が悪性の細胞にへばりつくことで、くっつかれた細胞が死んでしまうのだそうです。

まず(新型コロナウィルスから)回復した感染者の血液からキラーT細胞を採取し、それをiPS細胞で人工的に増やして点滴薬として患者に点滴薬として投与することを目指しているとのことでした。

河本宏副所長は、「人類にとってこんなに大事なキラーT細胞がiPS細胞から作れるというのは、これは使わない手はない。キラーT細胞療法というのが(コロナ治療薬の)大きな一角を占めるようになると確信しています。」と話されていました。

夏目さん 「iPS細胞って治療においては無限の可能性を秘めてるんですね」


山中教授 「感染して回復した人の血液を頂いて、そこからiPS細胞を作っています。

僕たちだけでは出来ることは限られていますから、世界の方に無償で提供しています。

普通研究というのは競争なのですが、新型コロナウイルスに対しては競争というよりも協力が一番大切ですので、それぞれの研究者が得意分野で貢献してみんなが力を合わせると一人ではできないようなスピードで、一人ではできないようなブレークスルー(突破口)ができると思いますので。」


夏目さん 「ワクチンそして治療薬が確立されれば、この新型コロナウイルスとの私たちの付き合い方はどのように変わっていくのでしょうか」


山中教授 「今まではウイルスと闘うという感じが強かったのですがワクチン治療薬が揃ってくると、ある意味(コロナと)共存と言いますか、そういうふうに考え方を変えることができるかもしれないです。」

スポンサーリンク

世界初のがんワクチンの開発加速がスゴイ!

ワクチンでがんを治すそんな夢のようなプロジェクトが進展することになったきっかけが、新型コロナワクチンだったそうです。

日本でも承認された新型コロナワクチンの開発メーカーである、ドイツのビオンテック社が先月18日発表した資料によると、コロナワクチン技術を使い、次に目指しているのががんを治すワクチンとのこと。

臨床試験の第2段階へ進んで、初期段階で有望な結果を得たのだそうです。

山中教授 「今まで人類に使われたことがなかったmRNA ワクチンというのが、こんなに有効なんだということが世界中で実証されたわけですから、これは非常に大きいと思います。

ワクチンというのは感染症だけでなく今は癌に対する予防というよりは、治療としてがんワクチンを使うという研究も進んでいるんですが、今回の事によってがんワクチンの研究開発もかなり加速するのではないかというふうに期待しています。」


夏目さん 「iPS細胞も今、がん治療の研究に大いに役立てられてますよね?」


山中教授 「ものすごく研究が進んでいます。 iPS細胞から免疫系の細胞を作り出して、ガンを攻撃する細胞を作り出してそれを患者さんの体内に戻して元をやっつけてもらうと。一部臨床試験に入っている研究もありますので。

 やはりがんは日本だけでも国民の2人に1人、言ってみれば将来は私か夏目さんかどちらかは癌になる(可能性がある)ということですから。

夏目さんがもし将来がんになったとしたらその時には絶対間に合うようなスピードで多くの人が一生懸命研究をしています。」


夏目さん 「それは10年、20年よりもっと早いスピードの可能性があるということですか?」


山中教授 「なかなか予想はできないですけれども、ただもう数年後に今言ったような治療法が実用化されてても不思議ではないと思っています。」

iPS細胞を使った若返り研究がスゴイ!

山中教授が目指すのはがんの治療法を確立することだけではありません。

山中教授が今新たに挑んでいるのが人間が避けては通れない老化のメカニズム解明です。


山中教授 「多くの病気は細胞の老化が原因で起こっています。

この細胞の老化をどう食い止めるか。できれば老化した細胞を少しでも若返らせるそういう技術が根本的な病気の治療という意味では非常に大切だと思います。

僕もランナーですけれども、毎年毎年タイムをなかなか伸ばすのが大変になっていきますね。

これは一つの原因は心臓の筋肉が少しずつ老化していく。

マラソンが遅くなるぐらいはいいんですけれども心臓の老化が心不全やそういう病気につながっていくわけですから、なんとかそれを“食い止める”、できたら少しでも“元に戻す”、そういったことができるんじゃないかと。」


夏目さん 「それはできたら夢のようですね」


山中教授 「はい。決して不老不死とかそういうことを目指しているのではなくて、健康寿命を伸ばしたいと。

日本は世界で一番長い平均寿命の長寿国ですけれども健康寿命をみると平均寿命より十歳ぐらい短いんですね。

その10年というのは介護であったり看護が必要。

その期間を少しでも短くするーそのためには細胞レベルの老化をどう防ぐか。

少しでも食い止めてあわよくば少しでも“若返らせる”そういうことが根本的には必要になると思います。」


夏目さん 「そうなると皆さんが年を重ねた時に高齢者会とか超高齢社会とかいうものの概念も変わってきますね。」


山中教授 「変わると思います」


夏目さん 「先生ありがとうございます。これからもiPS細胞に期待しています。」


山中教授 「一生懸命頑張ります。決して平坦な道ではありませんけれども、いろんな失敗を乗り越えて患者さんに技術を届けられるようにこれからも頑張っていきたいと思っています。」

さいごに

この記事ではあさチャンで放送された「コロナ治療薬・がんワクチン最前線」についての夏目三久さんによる、山中教授へのインタビューをご紹介しました。

iPS細胞の i だけ小文字なのは、 iPhone のように広く多く世界中の人に役に立つようにという山中教授の思いが込められているそう。

夏目さんは「お話を伺って本当に頭はクールにでも心は熱く世のため人のためになることを常に考えていらっしゃるの方なんだなと思いました。」とコメントしていました。

ニュースコメンテイターの堤伸輔さんも「山中教授の研究は実は個人や企業の多くの寄付によって成り立ってる部分があるんですよね。日本の科学研究費は必ずしも十分じゃない中で、山中さんは自分でフルマラソンを走って3時間30分を切ったら寄付をお願いしますとも呼びかけていらっしゃいます。そうやって集めた寄付だけに、今回は無償でiPS細胞を世界中に提供して、コロナに立ち向かう、役に立ちたい、そういう思いが今のインタビューからひしひしと伝わってきました。」とコメント。

iPS細胞で、病気の治療が進んだり、若返りを図ることで健康寿命が伸ばせることは革新的ですし、そのような研究開発に邁進される方々には頭が下がる思いです。

コロナウィルスやがんをはじめ、いろいろな難病を持つ方々の元に治療薬が届くことに期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました