【2020年11月】Googleアドセンス審査通過!落ち続けた私が実践したこと

google adsense 審査を通過するためにやったこと 2020年BLOG

Googleアドセンス取得の審査にチャレンジし、落ちること3か月間で11回!
2020年10月末にようやく審査を通過しました。

1~2回で受かる人の方が素晴らしいとは思いますが、たくさん落ちたからこそ得た気付きもありました。

審査に通過しなかった間、たくさんの方のブログやSNSのコメントなどを頼りにしながら進めていき、参考になることも多く、ありがたい気持ちでした。

そのことから、私の経験も誰かのお役に立てるかもしれないと思い、審査通過までにやったことを振り返ってみたいとおもいます。

スポンサーリンク

アドセンス審査 申請時のブログの状況

  • サーバーとドメインはエックスサーバー(独自ドメイン)
  • WordPressで運営
  • テーマは無料のCocoon


【初回申請時】7月24日

記事数8記事
プライバシーポリシー あり
お問い合わせフォーム あり
サイトマップあり
プロフィールあり
(コメントは一言・画像なし)
アイキャッチ画像あり
記事内画像フリー・オリジナル共にあり
(代替テキスト登録なし)
ヘッダー画像なし

        


【審査通過時】10月23日

記事数12記事
プライバシーポリシー あり
お問い合わせフォーム あり
サイトマップあり
プロフィールあり
(コメント・画像追加)
アイキャッチ画像あり
記事内画像フリー・オリジナル共にあり
(代替テキスト登録あり)
ヘッダー画像あり
スポンサーリンク

Googleアドセンス 審査通過までの道のり

数記事で受かったという記事を目にしていたので、8記事ぐらい書いたときになんとなく申請してみましたが、「サイトを審査できません」(コロナの影響)という通知をすぐにもらい不合格。

記事数も少ないし、そう簡単にはいかないよね。
記事さえ増やせば受かるはず!


こんな甘い考えを持っており、このときはまさか落ち続けるとは思っていませんでした。

あとで知ったのですが、この「コロナの影響で~」というのは、審査してもらえる基準にすら達しておらず、機械的に落とされていたようです。

2回目は17記事ぐらいで申請して審査こそしてもらえましたが、「複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません。価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について~」という理由で、審査落ち。

コピぺはしていませんでしたが、今考えると独自性がなく、検索すると似たような記事が他にもたくさんあったので、価値が低い、コンテンツの複製とみなされたのだろうと思います。

ただ、その時は複製という言葉ばかりを気にして、コピペチェックツールで類似率や一致率が高い記事を外せば大丈夫と解釈。


そして、一部を下書きに戻して3回目の申請をするも、また「コロナのため~」という通知で不合格。

その後も記事を書いては申請を繰り返すも、やはり「価値の低い広告枠~」で審査落ち。
この時点で7回ぐらい落ちていたと思います。

ここで、気持ちが大幅にダウン。
このままでは一生受からないのでは…と不安に。

そんなとき、たまたまココナラというスキルマーケットで『アドセンス審査用の記事を書きます』というサービスを見つけ、購入してしまいました。

その出品者さんからは、今ある記事をすべて下書きに戻して記事の出来上がりを待つように言われたので、すでにインデックスされていた30ほどの記事をすべて下書きに戻し、すべてサーチコンソールで削除依頼しました。

700~900文字程度のオリジナル記事10記事を納品していただき、教えていただいたとおりに申請するも結果は「ポリシー違反」。

通過しなくても、すぐに再申請するよう言われていたので、再度申請しましたが、再度「ポリシー違反」の通知が来てまたも通過しませんでした。

出品者さんからは「納品された記事を繰り返し何度もしつこく申請すればいつか通過する」と言われましたが、2度もダメだった記事で内容を変えずに申請し続けて合格できるのか?と不安だらけ。

自分で書いた記事じゃないので反省しようもなく、気持ちを入れ替えてやはり自分の記事で申請しようと思いなおしました。

しかし、今度はこの外注の記事を削除依頼するも、なかなかインターネット上から消えなくて…最初に記事を依頼してから、なんだかんだで1か月ぐらい時間を無駄にしてしまいました。

人の記事で楽に審査を通過しようとしたことが間違いでした。



思い返せば、今まで書いた記事は誰でもかけそうな記事ばかり。
記事の独自性ということを今更ながら思い返し、一から記事を書きました。

カテゴリーも少ないほうが特化しているように見えるのでは?と思い、カテゴリーを1つにして、子育て記事ばかりを8記事ほど作成。

よくある内容の記事でしたが、自分の意見や自分ならではの視点をたくさん取り込んだ記事を心掛けました。

ここでまた申請するも、結果は「現在、弊社のサービスで一時的な遅延が発生しており、お客様のサイトを審査することができません。

文言は変わっていましたが、コロナで審査できませんと同じ対応です。

ここで、やっぱり雑記に戻そうと思いなおします。
記事のネタが尽きてきたのと、SNSで合格したと目にした方のブログが思いっきり雑記だったので、もういいや!と。

それで過去に作成した記事から、完全オリジナルの記事を4つ選んで再投稿。

カテゴリーも「子育て」1つから、2つに増やしました。

トータル12記事!
再度申請するも「審査できません」との返答が。

このころには「アドセンスを申請するときの記事数は10記事ぐらいがおすすめ」というコメントをよく目にしていたため、これ以上記事を増やすのは選択肢にはありませんでした。

そんなとき、またSNSで「アドセンスの審査はブログにかける熱量も測られてると思う」みたいなコメントを目に。

思い過ごしかもしれませんが、たまたまその時に見ていた合格ブログに、ヘッダーがあったものが多かったことから

ヘッダーを作成して、ブログへの気合いをアピールだ!



ヘッダーを設置して、申請すると…


記事の数も内容も、前回ダメだったときと全く同じまま。
前回の不合格以来やったことは、ヘッダー画像を追加しただけです。

タイミングがよかったのか?熱量が伝わったのか?
ヘッダーを追加したことで、サイトデザインがより整ったことが評価されたのでしょうか。

このころは落ちて当たり前になり、結果に期待もしなくなっていました。
半日ほどでアドセンスからのメールが来たので、またダメか~とメールを開くとまさかの審査通過!

嬉しかったですが、それ以上に「ヘッダー変えただけなのに?」とビックリが大きかったです。

スポンサーリンク

インターネット上の色々な情報について

インターネットでアドセンスの審査情報を見ていると、いろんな人がいろんな事を言っていますよね。

情報によっては真逆の事が紹介されていて、「いったいどっちが本当なの~」と思うことも、しばしば。

Googleが審査方法を公開していないので、実際どれが正解かは分かりませんが、私が審査を受けている間に感じたことをお伝えしたいと思います。

記事数

アドセンスを取得するために、30記事は必要だと目にしていたので、最初の頃は「記事さえ増やせば…」という気持ちがありました。
しかし、実際は12記事で合格しています。

現在は10記事程度で申請するほうが審査に通りやすいといくつも目にしました。

審査の方法が減点法で、複数ある記事の中に1つでもポリシー違反の記事があれば、それだけで落ちてしまうとも。

実際10記事以下で通過したというコメントをよく目にするので、たくさん記事をアップしている方は思い切って記事を減らして、特に自信のある記事だけで申請してみるのもいいかもしれません。

文字数

文字も最低2000文字以上というコメントを目にしていたので、最低2000文字は書かないとという心構えで記事を書いていましたが、通過したときの記事には1600文字程度の記事もありました。

1000文字以下でも合格したという方もいらっしゃるようですが、あまりに文字数が少ないと同時に内容も薄いものになってしまいがちだと思います。

そういったことから、ある程度の文字数はあったほうがいいのかなと思いますが、内容がしっかりしていれば文字数はあまり関係ないのかなと思います。

画像

画像については多すぎるとダメ、オリジナルでないとダメだというコメントもみたのですが、実際通過したときのブログに使用した画像はオリジナルもあれば、フリー画像を使ったものも多くあったので、必ずしもオリジナルでないと~というわけではなさそうです。

またレビュー記事などではオリジナル写真を10枚以上使っていたので、限度はあるでしょうが多すぎるとダメということも無いかと思います。

商品名

これはココナラのアドセンス記事出品者さんがおっしゃっていたことです。
「商品名を記事の中で出していたら、いつまでも合格しませんよ」

しかし、審査通過時には商品レビュー記事もあったので、審査には関係ないと思われます。

アフェリエイトリンク

アフェリエイトのリンクを貼っていた記事は、たまたまnoindexにしていたので、アフェリエイトリンク掲載の有無が、審査の合否に影響を与えるかどうかはわかりませんでした。

ただ、リンクを貼ったままでも審査に通ったという人を多く目にするので、適度なリンクだったら大丈夫なのかなと思います。

再申請の期間

よく、再申請には1か月空けた方がいいとか、最低でも2週間は空けた方がいいとか、書かれている記事を目にしました。
私が感じた印象だと、あまり期間は関係ないのかなと。

もちろん、たいして改善もせず、毎日のように再申請するとGoogleさんからも嫌がられてしまいそうですが、修正点を見つけてしっかり改善できたと思ったら、すぐに申請しても良いと思います。

私が通過したときは、前回の申請から1週間後でした。

特化ブログじゃないとダメ?

特化ブログの方が審査を通過しやすいと言われています。
実際特化ブログのほうが、専門的・独自的な記事になりやすいので、通過しやすいのかもしれませんね。

私のブログは家事、子育てなどと申請時なんとなくは統一されていたものの、雑記ブログの分類に入ると思います。

同じような時期に合格されていた方で、まったくジャンルの統一されていない雑記ブログもあったので、雑記ブログでは受からないということは無いかと思います。

お問い合わせページ・プライバシーポリシー

これもよく設置するか、しないかと議論されていますが、私は素直に両方設定しました。

今後のブログ運営にも必要なものですし、あって落とされるということは無いと思うので、早めに設置したほうがいいと思います。

お問い合わせページは、プラグイン「Contact Form 7」を利用。

プライバシーポリシーはインターネット上のテンプレートをコピーさせてもらい使いました。

ブログの内容によって、プライバシーポリシーの内容は変わるので、コピペしたとしても内容を確認し、自分のブログと内容が異なる場合は書き換えるなどして利用しましょう。

最後に

アドセンスの審査に関するいろいろな情報が流れており、どの情報を信じたら良いのか戸惑う方も多いかと思います。

実際時期によって審査基準が違うこともあるようなので、これをやっとけば受かるというものでもなさそうですが、何回もダメだったことで、なんとなく受かるコツみたいなものが見えてきたような気がします。

1回で受かっていたら、そういったことを考えることもなかったと思うので、そう考える遠回りしたことも無駄ではなかったのかなと。

すぐに審査通過する人がいる一方で、私のように何回も落ちるという方もいらっしゃると思いますが、その都度改善して審査を受け続ければ必ずどこかで合格できると思うので、この記事や他の方が紹介されている記事などを参考にしながら、諦めずに挑戦してほしいです。

タイトルとURLをコピーしました