新型コロナワクチンマップの使い方を画像付きで紹介/予防接種会場のネット予約にも対応

新型コロナワクチンマップの使い方を画像付きで紹介/予防接種会場のネット予約にも対応暮らし

新型コロナワクチンの一般向け接種が一部の地域で始まりましたが、自分の住む町のどこで接種を受けることができるのか、ヤフーの地図検索サービスである『 Yahoo!MAP(ヤフーマップ)』で確認できます。

このマップでは、全国の約1700カ所の接種会場を地図で表示してくれ、ワクチンの供給元も表示。

また、今後はこのマップ上で新型コロナワクチンの予防接種の予約もできるようになるそうですよ(2021年4月6日現在は未対応・今後対応予定)

そこでこの記事では、このヤフーマップの便利機能である『 新型コロナワクチンマップ 』の使い方を画像付きでご紹介します。

スポンサーリンク

新型コロナワクチンマップの使い方

それでは、順を追って新型コロナワクチンマップの使い方をご紹介します。

新型コロナワクチンマップを利用するには、ヤフーマップアプリが必要です。
まだインストールされていない方は以下のボタンからダウンロードしてくださいね。

すでにインストールされている方は「新型コロナワクチンマップの使い方」へどうぞ。

Yahoo!MAPアプリのインストール

iPhoneをご利用の方は『App Store』から、Androidをご利用の方は『Google Play』からアプリをダウンロードし、ご利用のスマートフォンにインストールしてください。

▼ App Store(iPhone)からインストール


▼ Google Play(Android)からインストール


インストールが完了すると以下のようなアイコンがスマホのホーム画面もしくは、アプリ一覧に表示されます。

使用するときは、このアイコンをタップするとYahoo!MAPアプリが起動しますよ。

新型コロナワクチンマップの使い方


ヤフーマップアプリを起動すると

ヤフーマップの画面


画面下部に「新型コロナワクチンマップ」の画像が表示されるので、タップします。

すると周辺の接種会場や医療機関が表示された、新型コロナワクチンマップが開きます。

地図上に表示されている赤いマークが接種会場です。

表示されている地図が自宅と離れている場合は、画面右下にある「現在地ボタン(上向きの矢印のような▲←このようなマークです)」をタップしてください。

表示されている地図の周辺に対象の施設(赤いマーク)がない場合は、地図を縮小して広域を表示してください。



赤いマークの部分の地図を拡大すると、各施設の名称やワクチンの種類などの情報が表示されます。

ヤフーマップの地図上に接種会場の京都岡本記念病院と、供給元のファイザー社が表示された画像

たとえば上記であれば、接種会場は「京都岡本記念病院」で、この会場で使用されるのは「ファイザー社のワクチン」ということになります。(2021年4月6日時点では、ワクチンの供給元を確認できるのはファイザー社製のみとなっています)


この接種会場・医療機関への自宅からの経路を知りたいという場合は、目的の会場をタップ。



すると、施設が赤枠で囲まれた状態になり、右下に「ルート」というボタンが表示されます。



この「ルート」ボタンをおせば、目的の会場までの具体的な行き方を教えてくれますよ。


サービススタート時の現在は、各自治体が公開している情報をもとに、東京23区の一部を含む約460市町村、約1,700接種会場・医療機関を掲載。

接種会場・医療機関などが現時点で未定の市町村については、各自治体が情報を公開後、順次対応する予定。

スポンサーリンク

予防接種会場のネット予約の仕方

この新型コロナワクチンマップは、ワクチンのネット予約にも対応するサービスです。

2021年4月6日現在はどの施設も未対応ですが、今後予約可能な施設があれば下の画面のように施設名の下に(ネット予約可)と表示され、施設をタップすると予約ボタンが表示されるそう。

引用:ヤフージャパン公式サイト

「予約する」のボタンはネット予約に対応している施設にのみ表示されます。

「予約する」をタップすると、各施設の予約サイトに移動します。
予約方法などは移動先のサイトや各自治体のホームページで各自ご確認ください。

スポンサーリンク

さいごに

この記事ではヤフーマップに追加された、便利機能『 新型コロナワクチンマップ 』の使い方を画像付きでご紹介しました。

このサービスを利用すれば、自宅近隣の接種会場がすぐにわかって便利ですし、自宅からの行き方も分かるので迷わずにすみますね。

ワクチンを接種予定の方はぜひ活用してもらえたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました