【あさチャン!】さつまいもをよく食べる街は? ニッポン県民ランキング

さつまいもの写真テレビ

2020年12月22日のTBS系『あさチャン!』のニッポン県民ランキングのコーナーでご紹介された「さつまいもをよく食べる街は?」のランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

さつまいもをよく食べる街ランキング

(2017~2019年 総務省「家計調査」1世帯あたりの品目別都道府県庁所在地「年間購入量」より)

 順位   都道府県  
 47 鳥取市
46那覇市
45甲府市
44静岡市
43金沢市
42神戸市
41青森市
40岐阜市
39富山市
38山形市
37福井市
36名古屋市
35宮崎市
34東京都区部
33山口市
32奈良市
31福島市
30前橋市
29和歌山市
28広島市
27高知市
26津市
25松山市
24さいたま市
23熊本市
22横浜市
21盛岡市
20大分市
19新潟市
18宇都宮市
17福岡市
16高松市
15長野市
14松江市
13大津市
12秋田市
11札幌市
10長崎市
9大阪市
8佐賀市
7岡山市
6水戸市
5千葉市
4京都市
3鹿児島市
2仙台市
1徳島市
スポンサーリンク

ランキング1位は◯◯市 その原因は?

さつまいもをよく食べる街ランキング1位は徳島市でした。

徳島市の人がよくさつまいもを食べる理由はその土地柄にあるそうです。

鳴門海峡に面した徳島の土壌は比較的砂地が多く、水はけがよいため米作りには不向きでした。
しかしその反面、干ばつにも強いさつまいもの栽培には適していたため、さつまいもの栽培が盛んに。
そんななか、ホクホク系の代表格とも言われる鳴門金時が登場し、様々な料理にさつまいもを使う食文化が広がっていったそうです。

徳島では、さつまいもをトッピングしたオムライスや、さつまいものポテトサラダ、さつまいもの黒ビール、そしてさつまいもを使った甘いお好み焼きを提供するお店もあると紹介されていましたよ。

さいごに

今回はあさチャン!で紹介された「さつまいもをよく食べる街ランキング」をご紹介しました。

戦後にはホクホク系が主流でしたが、最近では安納芋などねっとり系のほか、様々な品種が誕生しているそうです。

また、江戸・戦前・戦後に続いて最近は第4次焼き芋ブームと言われているそう。

じゃがいもをよく食べる街ランキングでは、じゃがいも生産量1位の北海道はランキング2位でした。
さつまいもの生産量1位は鹿児島ですが、今回のよく食べる街ランキングでは鹿児島は3位です。
必ずしも生産量が1番だから、食べる量も1番というわけではないようですね。


他にもあります「ニッポン県民ランキング」
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました