【あさチャン!】神社数日本一はどこだ!? ニッポン県民ランキング

神社のイラストテレビ

2020年12月25日のTBS系『あさチャン!』のニッポン県民ランキングのコーナーでご紹介された「神社数日本一はどこだ!?」のランキングをご紹介します。

ちなみに全国の神社の数は約81,000社でコンビニの数(約55,000軒)より多いそうですよ。

(文化庁「宗教年鑑(令和元年版)」・日本フランチャイズチェーン協会 統計より)

スポンサーリンク

神社の数が多い都道府県ランキング

(出典:文化庁 令和元年 宗教年鑑)

 順位   都道府県  
 47 沖縄県
46和歌山県
45宮崎県
44大阪府
43山口県
42北海道
41香川県
40鳥取県
39三重県
38岩手県
37青森県
36宮城県
35佐賀県
34鹿児島県
33秋田県
32神奈川県
31島根県
30群馬県
29愛媛県
28山梨県
27徳島県
26長崎県
25奈良県
24熊本県
23滋賀県
22東京都
21岡山県
20福井県
19山形県
18京都府
17石川県
16栃木県
15埼玉県
14大分県
13高知県
12富山県
11長野県
10茨城県(2492社)
9広島県(2729社)
8静岡県(2846社)
7福島県(3056社)
6千葉県(3174社)
5岐阜県(3268社)
4愛知県(3358社)
3福岡県(3149社)
2兵庫県(3867社)
1新潟県(4711社)
スポンサーリンク

ランキング1位は◯◯県 その原因は?

神社の数が多い都道府県ランキング1位は新潟県でした。

その数4711社と2位の兵庫県3867社と比べても1000社近くも多く、他の都道府県と比較して圧倒的に多い数となっています。

新潟県の神社の数が1位である理由として考えられるのが、明治時代の人口の数です。
明治21年の人口調査によると新潟県の人口が全国1位だったとのこと。

当時は日本人のほとんどが農業で生計を立てていたため、新田の開発などが進むと村が出来たそうです。
そして、村には必ず鎮守神社がまつられていました。
そのため、人口が多く村の数も多かった新潟県には神社も多く作られたんですね。

新潟県の神社数がひときわ多い理由ですが、明治時代に合祀令という神社を合併しなさいという命令が出された際に、新潟県はその神社の合併に大反対をしたそうです。
そのため統廃合された神社が少なく、結果的に残っている神社が多くなったようです。

新潟県の古いことわざに「寄り合い欠かすな」という言葉があるそうです。
寄り合い、つまり集会には絶対に参加しなさいと。
神社というのは人々が集まる場、寄り合いの場でいろんなことを相談する場でもありました。
それだけに新潟県では神社を大切な存在として残してきたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

さいごに

今回はあさチャン!で紹介された「神社の数が多い都道府県ランキング」をご紹介しました。

ちなみに初詣という言葉が一般的になったのは明治時代の1885年に毎日新聞の前身である東京日日新聞が初めて使った言葉からだそうですよ。

全国平均は1725社だそうですが、皆さんの県は平均と比べていかがだったでしょうか?


他にもあります「ニッポン県民ランキング」
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました