【あさチャン!】年賀状を一番書く都道府県はどこ? ニッポン県民ランキング

年賀状とポストの写真テレビ

2020年12月24日のTBS系『あさチャン!』のニッポン県民ランキングのコーナーでご紹介された「年賀状を一番書く都道府県はどこ?」のランキングをご紹介します。

ちなみに日本人1人が書く年賀状の平均枚数は約35枚だそうですよ。(2016年 ウェザーニュース調査より)

スポンサーリンク

年賀状を一番書く都道府県はどこだ!?ランキング

(出典:2016年 ウェザーニュース調査)

 順位   都道府県  
 47 沖縄県(16.9枚)
46山形県(26.0枚)
44鳥取県(27.3枚)
44栃木県(27.3枚)
43青森県(28.2枚)
42群馬県(28.5枚)
41福島県(28.6枚)
40茨城県(29.0枚)
39秋田県(29.5枚)
38高知県(31.4枚)
37埼玉県(31.9枚)
36熊本県(32.5枚)
35長野県(32.8枚)
34宮崎県(33.0枚)
33神奈川県(33.3枚)
31新潟県(34.1枚)
31宮城県(34.1枚)
30長崎県(34.3枚)
28香川県(34.4枚)
28広島県(34.4枚)
27三重県(34.9枚)
25岩手県(35.2枚)
25東京都(35.2枚)
24千葉県(35.3枚)
23静岡県(35.4枚)
22愛知県(35.8枚)
21大阪府(36.7枚)
20佐賀県(37.0枚)
19岡山県(37.4枚)
18徳島県(37.5枚)
17大分県(38.0枚)
15山梨県(39.3枚)
15島根県(39.3枚)
14福岡県(39.4枚)
13京都府(39.5枚)
12愛媛県(39.6枚)
11兵庫県(40.1枚)
9山口県(40.2枚)
9福井県(40.2枚)
8富山県(41.5枚)
7岐阜県(42.5枚)
6北海道(44.1枚)
5鹿児島県(46.8枚)
4奈良県(47.9枚)
3滋賀県(48.9枚)
2石川県(49.4枚)
1和歌山県(51.4枚)
スポンサーリンク

ランキング1位は◯◯県 その原因は?

年賀状を一番書く都道府県はどこだ!?ランキング1位は和歌山県でした。

1位の理由としてあげられていたのが、その土地柄。
和歌山には有名な熊野古道がありますが、それを代表するように和歌山は県全体の8割が険しい山であり、古くから人々の移動が困難だったため、手紙を送る習慣が根付いたのではないか?とのことでした。

さらに和歌山県の県外進学率は去年まで31年連続で1位だったという結果から、遠方の家族や友人に手紙や年賀状を送った結果、枚数が増えたのでは?と考えられるそう。

また和歌山県にある高野山の金剛峯寺を開いた空海は書の達人。
たくさんの文を残しており、そんな偉人に習い手紙を書く習慣につながった?とも。

さいごに

今回はあさチャン!で紹介された「年賀状を一番書く都道府県はどこだ!?ランキング」をご紹介しました。

1位の和歌山県は「県庁前にある青いポスト」、「ギネスに世界一深いところにあるポストとして認定された海中ポスト」の存在など、珍しいポストの宝庫。

その海中ポストでは、専用の耐水ハガキに記入して投函すれば通常のポストのように日本全国にハガキをおくることができます。
海の中にあるにもかかわらず、毎年1500枚程度が配達されているそうで、年賀状を送るのに利用される方もいるそうですよ。

またランキング最下位の沖縄県は約16.9枚と平均と比較してもかなり少ないですが、その理由として沖縄県では行事は旧暦で行うことが多いということも影響しているのでは?と紹介されていました。


他にもあります「ニッポン県民ランキング」
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました