【あさチャン!】ごみの量が少ない県は? ニッポン県民ランキング

ごみ箱の写真テレビ

2020年12月23日のTBS系『あさチャン!』のニッポン県民ランキングのコーナーでご紹介された「ごみの量が少ない県は?」のランキングをご紹介します。

スタジオでは「ごみの量が少ない」= もったいない精神が強い と表現されていましたよ。

スポンサーリンク

ごみの量が少ない都道府県ランキング

環境省 廃棄物処理技術情報 一般廃棄物処理実態調査結果 平成30年度 処理状況 1人1日当たりの排出量より)

 順位   都道府県  
 47 富山県
46新潟県
45福島県
44鳥取県
43青森県
42福井県
41茨城県
40秋田県
39山口県
38宮崎県
37群馬県
36山梨県
35宮城県
34岡山県
33北海道
32和歌山県
31高知県
30大阪府
29長崎県
28島根県
27徳島県
26大分県
25三重県
24福岡県
23石川県
22兵庫県
21岩手県
20鹿児島県
19栃木県
18山形県
17愛知県
16広島県
15熊本県
14奈良県
13千葉県
12愛媛県
11岐阜県
10佐賀県(889g)
9静岡県(886g)
8沖縄県(884g)
7東京都(875g)
6香川県(863g)
5埼玉県(858g)
4神奈川県(845g)
3京都府(838g)
2滋賀県(834g)
1長野県(811g)
スポンサーリンク

ランキング1位は◯◯県 その原因は?

ごみの量が少ない都道府県ランキング1位は長野県でした。

長野県には、町のいたる場所に「もったいないBOX」が設置されているそうです。
「もったいないBOX」というのは、古紙や金属類をいつでも無料で受け入れるリサイクルボックス。
ゴミとして捨てるのではなく、このリサイクルボックスに持ち込む方が多いので、その結果ごみの量が減っているようですよ。

また、長野県の松本市発の「30・10(サンマルイチマル)運動」という食品ロスを減らす取り組みもあるそうです。

家での取り組みとして、毎月30日には冷蔵庫の中の消費期限がせまっている食材を早めに食べましょう、毎月10日にはいつもであれば捨ててしまう野菜などを工夫して食べましょうと呼びかけているそうです。

また、外でも宴会等から出る食べ残しを削減するため、乾杯後30分と終了前10分を離席せず食事を楽しみましょうと呼びかけているとのこと。

あと長野の有名な方言に「あるをつくして」という言葉があるそうです。
長野の方言で、(食事を作った人に感謝して)残さずたべきりましょう という意味

上記のような取り組みや運動、言葉が浸透しているので、県民のごみに対する意識も高くなっているのではないでしょうか。

このように長野県の食べ物を大切にする文化は縄文時代から始まっていたそうです。
お米などが取れない山間地で、農作物が取れなかったときに非常食としてどんぐりを食べたり、赤かぶの葉で「すんき」という保存食を作ったりと、食材を余すことなく使う文化が受け継がれているそうですよ。

スポンサーリンク

さいごに

今回はあさチャン!で紹介された「ごみの量が少ない都道府県ランキング」をご紹介しました。

ランキング下位には、日本海側の県が多くランクインしています。
これは、けっしてもったいない精神が低いということではなく、海岸に大量のごみが流れ着いたり、林業が盛んな県もあることから木材のごみが多くなるなど、様々な要因が少なからずごみの量に影響を与えているのでは?とのことでしたよ。

2位の滋賀県では近江商人が昔から大切にしていた、買い手よし売り手よし世間よしという「三方よし」の精神で余った食材を使ったレシピを開発。
お店で提供するなど県をあげての取り組んでいるそう。

ランキング上位の県は、県をあげて食品ロスやゴミを減らす取り組みを積極的にしているところが多く、そういった取り組みがランキング上位という結果に影響しているのでしょうね。


他にもあります「ニッポン県民ランキング」
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました