赤ちゃんと飛行機は迷惑かかる?我が家はこんな準備と対策をしました

飛行機のイラスト子育て

遠方への移動時、小さな子供、特に赤ちゃんと飛行機に乗るのは気を遣うという方も多いかと思います。
新幹線であれば泣いたら席を立ってデッキに移動したりできますが、飛行機はそういう訳にもいかないですよね。

わが家も実家が遠方で飛行機で移動することが多かったので、年に何度か赤ちゃんだったわが子と利用しました。
搭乗前は「泣かずに過ごせますように」と何度思ったことでしょう。
結果的に1度も泣いたり、ぐずったりすることもなく乗り切ることができました。

そのときに役立ったことをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの飛行機 搭乗前に気を付けたこと

空港内搭乗ゲートの写真

飛行機を利用するときはインターネットの事前予約で席を確保していました。
前方の席がよいか、後方がよいか迷うところですが、私は一番後ろの席を予約することが多く結果正解だったように思います。

前方の席の方が乗り降りはしやすいですが、飛行機の席は前方から埋まることが多く、ピーク時の混雑しているときでなければ後方は空いていることも多いです。
時には隣に誰も座らず気楽だったこともありました。
特にビジネスで利用される方は前方にいらっしゃることが多いので、後方の席は年配の方や女性が多い印象です。

インターネットで予約すると乳幼児連れの場合、幼児マークが表示されます。
早めに席を確保して、幼児マークを表示させることで、近くに幼児が座ることを嫌がる人はそのマークを避けて席をとると思われるので、早めに席を取っておくことをおすすめします。

後方の席だと搭乗のときに席に着くのが大変だと思われるかもしれませんが、乳児連れの場合は優先搭乗を利用できるので、一般の方より先に搭乗することが可能です。
優先搭乗のサービスを利用し、混みあわないうちに搭乗しましょう。

また、おむつが濡れて気持ちわるいということがないように、チェックインが終わったら搭乗までに赤ちゃんのおむつ替えを済ませておいたほうがいいと思います。

飛行機搭乗中にぐっすり寝てくれるのが理想的なので、お昼寝の時間が決まっている場合はそのタイミングに合わせて予約するのもおすすめです。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの飛行機 搭乗中に気を付けたこと

飛行機の機内で過ごす赤ちゃん

赤ちゃんとの飛行機と言えば、離着陸時の耳抜きが心配ですよね。
気圧の変化で耳が不快になったときに、泣いてしまう赤ちゃんもいることかと思います。

離着陸のタイミングで水分を摂るのが有効だと聞いて、搭乗前にミルクを作り、ミルクを飲みながら離陸できるようにしました。
また席の周囲に誰もいない場合は、授乳ケープを利用して母乳を飲ませながら離着陸を迎えたことも。
それで泣いたことはありませんでしたし、お腹いっぱいになればそのまま寝てくれて一石二鳥です。

私は試していませんが、おしゃぶりでも大丈夫のようですので、普段おしゃぶりを愛用している赤ちゃんであれば、おしゃぶりも持参するといいと思います。

あと、大事なことですが、席についたときに周囲に乗客の方がいる場合は、一言「赤ちゃん連れでご迷惑をおかけしたらすみません」と声をかけておいたほうがいいと思います。
今まで利用した感じでは、みなさん「全然大丈夫ですよ~」「赤ちゃんと移動するのは大変だね~」と優しい言葉をかけてくれることが多かったです。
コミュニケーションをとっておくと、何かあったときに手伝ってくれたり、泣いてしまっても嫌な顔をされないで済むと思います。

航空会社にもよりますが、子供と搭乗するとおもちゃをくれることがあるので、それで遊んでくれたり、また絵本の貸し出しをしてもらったりと、客室乗務員さんも気を配ってくれて子供が退屈しないですみました。

移動のときに子供のおもちゃを持参する人も多いかと思いますが、お気に入りのおもちゃや絵本をいくつか持参して子供の気をおもちゃに引いておけば、退屈したり泣いたりする可能性も少ないかと思いますよ。
慣れない空間で不安を覚える赤ちゃんもいるかもしれないので、普段から愛用している安心できるものを持ち込むとよさそうですね。

最後に

生後1か月から何度も飛行機を利用しましたが、上記のことを心掛けることで、1度も泣いたりぐずったりすることなく快適に飛行機を利用することが出来ました。

飛行機のように気軽に移動できない空間だと、子供が泣いたりぐずったりするんじゃないかと心配される方も多いかと思います。

事前に出来る限りの準備、対策をすることで快適に移動できればいいですよね。

とは言え、子供によっては慣れない飛行機で泣いてしまう子もいるかもしれません。
泣いてしまったら、周囲の目が気になるかもしれませんが、ほどよく謝りつつ、目的地に到着するまでの一時的なことと割り切ってしまいましょう。

経験が少しでもお役に立てると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました